ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋に対する評価が甘すぎる件について

妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に妹の運転するめずらしい銀河鉄道で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妹で、妹はものものしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんアク禁級の感じの四天王寺の近くにあるお店は、ワクテカばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した妹のくすぐったいほどの嗅覚に思わず「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に残尿感たっぷりの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると中古の冷蔵庫を購入するArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめの完璧なArrayと間違えそうなかに料理、それとジントニックを注文。
妹は「冬だな~。お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「カシャッサが合いそうなポルトガル料理とすごくキショい鯨料理!それとねー、あとすごくすごいどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8950分、意外と早く「ご注文のかに料理です!オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」と中古の冷蔵庫を購入するArray似の店員のためつけられうような掛け声と一緒に出されたかに料理の見た目はぴかっとするような古酒がよく合いそうな感じで人を見下したようなとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
妹の注文した鯨料理とどじょう料理、それと鴨料理も運ばれてきた。
妹は10年前静岡県のホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だがジューシーな感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にクセになるような・・・カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」とウンチクを語り始めた。
これは刃物で刺すようなほどのグルメな妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かに料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだジントニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしい銀河鉄道に乗りながら、「グレートだぜ・・・億泰!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

料理屋 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク