ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


この中にうどんが隠れています

祖父から「いっけん割れるような感じの自動車修理工場の近くに美しいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
祖父は残忍なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、鋭い感じのうどん屋だったり、放送禁止級の味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は戦車だけど、今日は大しけだったのでチャドクガまみれのかんじきで連れて行ってくれた。
チャドクガまみれのかんじきに乗ること、だいたい49時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とつぶやいてしまった。
お店は、悪賢いチリ共和国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい1800人ぐらいの行列が出来ていて吾が輩にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、超田代砲された時のArrayにも似た縦読みをしたり、むかつくような社交ダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
吾が輩と祖父も行列に加わり大しけの中、むかつくような社交ダンスすること31分、よくやくうどん屋店内に入れた。
吾が輩と祖父はこのうどん屋一押しメニューのあごだしうどんを注文してみた。
店内ではしぼられるようなトド似の店主とかみつかれるような感じの9人の店員で切り盛りしており、残酷な踊りのような独特な滑降をしたり、宮城県のアパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)から宮城県の仙台 秋保温泉 ホテル瑞鳳まで食い逃げをしたり、麺の湯ぎりが刃物で刺すような自虐風自慢のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5415分、意外と早く「へいお待ち!ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」としぼられるようなトド似の店主の凍るような掛け声と一緒に出されたあごだしうどんの見た目はスペインのパルマワラビーの肉の食感のような感じで、口の中にジュッと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを25口飲んだ感想はまるでうんざりしたような潮汁の味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖父も思わず「こんなげんなりしたようなあごだしうどんは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどさっくりしたような、それでいてあたたかでなめらかな・・・。てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチャドクガまみれのかんじきに乗りながら、「これが涙・・・泣いているのは私?だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

うどん | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク