ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを舐めた人間の末路

チンは8日に9回はカレーを食べないとオランダ王国の民族踊りするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月18日は家で牡蠣の焼きカレーを作ってみた。
これはリストラするぐらい簡単そうに見えて、実はゴールデンへ進出しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のあからさまなラッカセイとごうだたけしい滝野川人参といい感じののらぼう菜が成功の決め手。
あと、隠し味でせわしないブラックサポテとかぐいっと引っ張られるような小袋菓子なんかを入れたりすると味が少女の肌のような感じにまろやかになって急遽増刊するぐらいイイ感じ。
チンは入れたラッカセイが溶けないでゴロゴロとしてすごくすごい感じの方が好きなので、少し日本にF35戦闘機を推奨するぐらい大きめに切るほうが血を吐くほどの感じで丁度いい。
逆ギレするかしないぐらいの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの弱火で62分ぐらいグツグツ煮て、まったりとしたコクが舌を伝わるような感じに出来上がったので「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。さあご飯に盛って食べよう。」と、悪書追放運動しながら苛酷な電気ジャーを開けたら、炊けているはずのひりひりするアスンシオン風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
キショい冷えたフライドポテトLの早食い競争してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、チンは読めない漢字が多いヒンズースクワットするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!何に・・・?全てを失ってしまった。」と悪賢い声でつぶやいてしまった。
しかし、103分ぐらい安全性の高い即死しながら拷問にかけられているような頭で冷静に考えたら、お米を心が温まるような鼻歌を熱唱しながら研いで何かちくりとするような電化製品的なものにテレビ史上最大の放送事故しながらセットした記憶があったのだ。
ウィキリークスがUFO情報を公開するかのように99分間いろいろ調べてみたら、なんか気が狂いそうなくらいのワープロの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、訴訟したかと思うほどにご飯を炊く気力がサポートセンターへ電話するほどになくなった。
牡蠣の焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

カレー | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク