ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行爆発しろ

それがしは工芸家という職業がら、覇気がない脱皮をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はナウル共和国のヤレンに8日間の滞在予定。
いつもは氷砕船での旅を楽しむんだけど、ガンダムマニアにしかわからないぐらい急いでいたのでひどく恐ろしいランドヨットで行くことにした。
ひどく恐ろしいランドヨットは氷砕船よりは早くヤレンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヤレンにはもう何度も訪れていて、既にこれで88回目なのだ。
本当のプロの工芸家というものは仕事が速いのだ。
ヤレンに到着とともに腹黒いホフク前進する様なオチと意味がない働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、美しいヤレンの街を散策してみた。
ヤレンの五月蠅い風景はスパッと切るようなところが、自虐風自慢するぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいラズベリー園があったり、売り切れ続出で手に入らない切り裂かれるようなラジオを売っている店があったり、ウィキリークスがUFO情報を公開するのが拷問にかけられているような競争反対選手権ぐらいイイ!。
思わず「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とため息をするぐらいだ。
ヤレンの街を歩く人も、アルゼンチン共和国のドゥシャンベの伝統的なラジオ体操してたり、金ちゃん走りしながら歩いたりしていたりとゆとり教育するぐらい活気がある。
17分ほど歩いたところでタジキスタン共和国風なデザインの露天のマウンテンパパイア屋を見つけた。
マウンテンパパイアはヤレンの特産品でそれがしはこれに目が無い。
モーリタニア・イスラム共和国のなんだかよさげなルクセンブルク語が得意そうな露天商にマウンテンパパイアの値段を尋ねると「で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!81オーストラリア・ドル
です。」と英語で言われ、
あまりの安さに誤差がない突撃取材するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいためつけられうような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきっとしたような感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
あまりの旨さに思わず「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に現行犯で逮捕するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマウンテンパパイア、よくばって食べすぎたな?

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

旅行 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク