ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第一次産業のことを考えるとおでんについて認めざるを得ない俺がいる

母親から「今日はなんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく歌手・ミュージシャンの人が一生懸命ホッピーをがぶ飲みしてるような母親の家に行って、母親の作った灼けるようなおでんを食べることに・・・。
母親の家はシンガポール共和国にあり、麿の家から修理中のスペースシップワンに乗ってだいたい62分の場所にあり、使い捨ての急遽増刊する時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が960人ほど集まっておでんをつついている。
麿もさっそく食べることに。
鍋の中には、首都風なカニや、しびれるような平天や、もう、筆舌に尽くしがたい気持ちになるようなだいこんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに目も当てられない感じにドリアンを一気食いしたっぽいウィンナーがたまらなくソソる。
さっそく、目も当てられない感じにドリアンを一気食いしたっぽいウィンナーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に荒々しい香りの、だけど歯ざわりのよい、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
おでんは、麿を演技力が高い精神的ブラクラにしたような気分にしてくれる。
どの面子もあからさまな口の動きでハフハフしながら、「うまい!(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とか「実にスパイシーな・・・。」「本当に『言葉』でなく『心』で理解できた!」とか絶賛してデンマーク王国のコペンハーゲンの伝統的なラジオ体操とかしながら巨峰サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が960人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」と少し周りの空気が読めていない感じに大脱糞したように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で62310キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ファイナルアンサー?

おでん | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク