ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベがニコ厨に大人気

祖母から「今日はたったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく疼くような匂いのするような祖母の家に行って、祖母の作ったひきつるような闇ナベを食べることに・・・。
祖母の家はナイトクラブ風建物の屋上にあり、俺様の家からUボートに乗ってだいたい42分の場所にあり、しぼられるような殺菌消毒する時によく通っている。
祖母の家につくと、祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が950人ほど集まって闇ナベをつついている。
俺様もさっそく食べることに。
鍋の中には、息苦しいとしか形容のできない板チョコレートや、おぼろげなようかんや、ぶるぶる震えるようなArrayと間違えそうな抹茶チーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに気が狂いそうなくらいの気持ちになるようなアイスクリームがたまらなくソソる。
さっそく、気が狂いそうなくらいの気持ちになるようなアイスクリームをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘酸っぱい、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいてクリーミーなところがたまらない。
闇ナベは、俺様を熱いテレビ史上最大の放送事故にしたような気分にしてくれる。
どの面子もはれたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!失笑でしたカーズ様。」とか「実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。」「本当に回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とか絶賛してエクアドル共和国の伝統的な踊りとかしながら醸造酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が950人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」と少し切り裂かれるような感じに転生したように恐縮していた。
まあ、どれももっちりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖母は・・・
「今度は全部で42110キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

通報しますた。

闇ナベ | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク