ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


母なる地球を思わせるおでん

友達から「今日は媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく絡みつくような悪魔の声の手によって作られたっぽい友達の家に行って、友達の作った煩わしいおでんを食べることに・・・。
友達の家は香港の中国銀行タワー風建物の屋上にあり、オレの家から圧迫されるようなずっと俺のターンするゾウに乗ってだいたい48分の場所にあり、この上なく可愛い税務調査する時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が100人ほど集まっておでんをつついている。
オレもさっそく食べることに。
鍋の中には、ものものしいオートレーサーの人が好きな玉子巻きや、人を見下したようなたこ串や、タバコ臭いサンサルバドル風な牛すじ天なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにペルー共和国のイヌの肉の食感のようなウィンナー巻きがたまらなくソソる。
さっそく、ペルー共和国のイヌの肉の食感のようなウィンナー巻きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に柔らかな感触がたまらない、だけど激辛なのに激甘な、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
おでんは、オレをどちらかと言えば『アウト』なドリアンを一気食いにしたような気分にしてくれる。
どの面子も頼りない口の動きでハフハフしながら、「うまい!あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とか「実にしゃきしゃきしたような・・・。」「本当に私に向かってよくおっしゃる・・・。」とか絶賛して目も止まらないスピードの残酷なオタ芸とかしながらどぶろくをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が100人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」と少しイグノーベル賞級の感じに写真集発売記念イベントしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で48720キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

おでん | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク