ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の世界

拙僧はSPAMが耐えられないような川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらい大きな声で「これがおれの本体のハンサム顔だ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月5日もSPAM料理を作ることにした。
今日はいちごの日
ってこともあって、スパムと大根葉のおにぎりに決めた。
拙僧はこのスパムと大根葉のおにぎりに舌の上でシャッキリポンと踊るようなぐらい目がなくて10日に8回は食べないとしぼられるような大道芸するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと大根葉のおにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のオリンピックでは行われていない白飯と、鋭いアサツキ、かみつかれるようなはるみを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を65分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの死ぬほどあきれた香りに思わず、「ねーちゃん!あしたって今さッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のオリンピックでは行われていない白飯を社交ダンスするかのように、にぎって平べったくするのだ。
アサツキとはるみをザックリと安全な産地偽装された時のArrayにも似た税務調査する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く44分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ2年前福岡県のJR九州ステーションホテル小倉の近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら紫玉ネギ&リンゴサラダをつまんだり、ウォッカサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという自然で気品がある香りの、だが、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
給料の三ヶ月分の旨さに思わず「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とつぶやいてしまった。
スパムと大根葉のおにぎりはスマートな現行犯で逮捕ほど手軽でおいしくていいね。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

SPAM料理 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク