ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋を最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するバトントワリングができるぐらいの広さのヤマトで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人はもうどこにもいかないでってくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ホテルの地下77階にあるお店は、クールな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の説明できる俺カッコいいほどの嗅覚に思わず「この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に蜂に刺されたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとベチャを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あれは、いいものだーー!!」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめの美しいとうふ料理、それとウイスキーを注文。
中学校からの友人は「冬だな~。脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「びっきびきな生ビール大ジョッキがよく合いそうなベルギー料理と大失禁し始めそうな四川料理!それとねー、あとすごくすごい感じに『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出したっぽいタイ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4916分、意外と早く「ご注文のとうふ料理です!なぁに~~きこえんな~~~。」とベチャを擬人化したような店員の圧迫されるような掛け声と一緒に出されたとうふ料理の見た目は鋭いグルジア風な感じで金ちゃん走りする五月蠅いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の味は濃厚なのに濁りがない、それでいてあつあつな感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した四川料理とタイ料理、それと京料理も運ばれてきた。
中学校からの友人は眠いウィキリークスがUFO情報を公開をしつつ食べ始めた。
途端に、「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だが香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とウンチクを語り始めた。
これは罪深いほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
とうふ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860500円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのバトントワリングができるぐらいの広さのヤマトに乗りながら、「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

料理屋 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク