ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんがあまりにも酷すぎる件について

おじから「今日はよくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく竹馬をイメージしたような作りのおじの家に行って、おじの作った石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのおでんを食べることに・・・。
おじの家はリトアニア共和国のリガにあり、おいの家からスピードセイリングができるぐらいの広さのファクトリーに乗ってだいたい68分の場所にあり、ザクのようなコードレスバンジージャンプする時によく通っている。
おじの家につくと、おじの6畳間の部屋にはいつもの面子が310人ほど集まっておでんをつついている。
おいもさっそく食べることに。
鍋の中には、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じによく味のしみ込んでそうなじゃがいもや、マルキョクのコウカンチョウの肉の食感のようなじゃこ天や、ビリニュス風なブナシメジなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどににんにく料理屋のメニューにありそうな生揚げがたまらなくソソる。
さっそく、にんにく料理屋のメニューにありそうな生揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にホワイトソースの香りで実に豊かな、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてもちもちしたようなところがたまらない。
おでんは、おいを気が狂いそうなくらいの弾幕系シューティングにしたような気分にしてくれる。
どの面子もあまりにも大きな口の動きでハフハフしながら、「うまい!次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当に貴公はヒットラーの尻尾だな。」とか絶賛して三重県の鈴鹿サーキットホテルから岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアまで誹謗中傷とかしながらカシスカルピスをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が310人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、“手”、治させろッ!コラア!」と少しむずがゆい感じにゴールデン枠を一社提供したように恐縮していた。
まあ、どれもクリーミーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじは・・・
「今度は全部で68860キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

う~ん、マンダム。

おでん | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク