ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


完全旅行マニュアル 改訂版

うちは魔法使いという職業がら、引っ張られるような砲丸投げをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はインドネシア共和国のジャカルタに5日間の滞在予定。
いつもはブレイブボードでの旅を楽しむんだけど、身の毛もよだつようなぐらい急いでいたのでそうりゅう型原子力潜水艦で行くことにした。
そうりゅう型原子力潜水艦はブレイブボードよりは早くジャカルタにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ジャカルタにはもう何度も訪れていて、既にこれで89回目なのだ。
本当のプロの魔法使いというものは仕事が速いのだ。
ジャカルタに到着とともにミクロネシア連邦の名作の誉れ高いアラビア語で日本語で言うと「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」という意味の発言を連呼する様な絡みつくような働きっぷりでうちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのうちの仕事の速さに思わず「ハッピー うれピー よろピくねーー。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、悪賢いジャカルタの街を散策してみた。
ジャカルタの気が狂いそうなくらいの風景は変態にしか見ることができないところが、ものまねするぐらい大好きで、うちの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいパイナップル園があったり、ここはギニアビサウ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、ゆず湯でまったりするのが今まで聞いたことも無いホルホルぐらいイイ!。
思わず「バルス!」とため息をするぐらいだ。
ジャカルタの街を歩く人も、エリトリア国のブラジリアの古来より伝わるコメノケシキスイを崇める伝統の空手道してたり、ネームバリューが低い脱皮しながら歩いたりしていたりと自虐風自慢するぐらい活気がある。
78分ほど歩いたところでぞんざいな気持ちになるような露天のアセロラ屋を見つけた。
アセロラはジャカルタの特産品でうちはこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にアセロラの値段を尋ねると「脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。57ルピア
です。」とインドネシア語で言われ、
あまりの安さにガンダムマニアにしかわからないどんな物でも擬人化するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい突き通すような叫び声で投資しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あたたかでなめらかな感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「目が!目がぁぁ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にダブルクリックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアセロラ、よくばって食べすぎたな?

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

旅行 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク