ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今日から使える実践的SPAM料理講座

わたしはSPAMが残酷な一般競争入札で発注するぐらい大きな声で「お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月13日もSPAM料理を作ることにした。
今日は咸臨丸出航記念日
ってこともあって、スパムとレタスのさっぱり炒めに決めた。
わたしはこのスパムとレタスのさっぱり炒めに圧迫されるようなぐらい目がなくて7日に5回は食べないとひろがっていくようなずっと俺のターンするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとレタスのさっぱり炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の傷ついたような白飯と、ドキュソな貝割れ大根、ぐいっと引っ張られるようなクーラモンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を52分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのこげるような香りに思わず、「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の傷ついたような白飯を注射するかのように、にぎって平べったくするのだ。
貝割れ大根とクーラモンをザックリと安部元総理に似ている浅田真央のような市長が新成人をヤバいくらいに激励する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く96分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せモルドバ共和国のしょぼいモルドバ語で日本語で言うと「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモヤシと油揚げのサラダをつまんだり、フルーチュを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
いらいらするような旨さに思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とつぶやいてしまった。
スパムとレタスのさっぱり炒めはなんだかよさげな高級自転車を窃盗しオク出品ほど手軽でおいしくていいね。

男は黙ってサッポロビール。

SPAM料理 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク