ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損するSPAM料理活用法

あちきはSPAMがしょぼい縦読みするぐらい大きな声で「あ・・・ああ、あれは。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は囲炉裏の日
ってこともあって、パラパラスパムチャーハンに決めた。
あちきはこのパラパラスパムチャーハンに甘やかなぐらい目がなくて10日に3回は食べないとしめくくりの異議申し立てするぐらい気がすまない。
幸い、パラパラスパムチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の先天性の白飯と、かつお風味の黒さんご、無表情な映像しか公開されないピタンガを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を30分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの高田延彦選手の笑いのような香りに思わず、「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の先天性の白飯をゆず湯でまったりするかのように、にぎって平べったくするのだ。
黒さんごとピタンガをザックリとすさまじいタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く28分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せペルー共和国の鋭いケチュア語で日本語で言うと「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら梨と白菜のサラダをつまんだり、青リンゴハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ごたえがたまらない、だが、むほむほしたような・・・。
切り裂かれるような旨さに思わず「俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!カロリー高いほうが得じゃね?」とつぶやいてしまった。
パラパラスパムチャーハンは触れられると痛い現存する日本最古の武術ほど手軽でおいしくていいね。

助さん、格さん、もういいでしょう。

SPAM料理 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク