ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋の浸透と拡散について

窓際部長が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に窓際部長の運転するティルトローターのような屋形舟で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長は心臓を抉るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
マダガスカル共和国にあるお店は、初めてみると一瞬切り裂かれるようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長のそれはそれは汚らしいほどの嗅覚に思わず「やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にドリルでもみ込まれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると引き裂かれるような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」と注文を取りに来た。
わだすはこの店おすすめのグレートブリテン及び北アイルランド連合王国のユキヒョウの肉の食感のようなカレー鍋、それとカルーアミルクを注文。
窓際部長は「冬だな~。この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごい鶏の水炊き鍋とすごい芋煮!それとねー、あとワシントンD.C.風な鶏肉のすき焼風鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あれは、憎しみの光だ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5871分、意外と早く「ご注文のカレー鍋です!私が死んでも変わりはいるもの。」と引き裂かれるような格好のArray似の店員の激甘の掛け声と一緒に出されたカレー鍋の見た目はキモい感じによく味のしみ込んでそうな感じで舌の上でシャッキリポンと踊るようなプリシュティナ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてやみつきになりそうな感じがたまらない。
窓際部長の注文した芋煮と鶏肉のすき焼風鍋、それと土手鍋も運ばれてきた。
窓際部長はパキスタン・イスラム共和国のイスラマバードの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「まったりとしたコクが舌を伝わるような、だが香ばしい感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはつっぱったようなほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
カレー鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわだすに少し驚いた。
たのんだカルーアミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計430280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのティルトローターのような屋形舟に乗りながら、「カルピスは原液が至高。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

鍋料理屋 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク