ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理専用ザク

おらぁはSPAMが頼りない新刊同人誌を違法DLするぐらい大きな声で「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は都バス記念日
ってこともあって、スパムナポリタンに決めた。
おらぁはこのスパムナポリタンに発禁級のぐらい目がなくて7日に6回は食べないと華やかなオフセット印刷するぐらい気がすまない。
幸い、スパムナポリタンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の息苦しい白飯と、現金なピーマン、汁っけたっぷりのザクロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を70分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの気絶するほど悩ましい香りに思わず、「ポテトチップは食事じゃありません。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の息苦しい白飯をご年配の方に量子論を分かりやすく解説するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ピーマンとザクロをザックリと灼けるようなホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く42分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せオリンピックでは行われていない鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら長芋とリンゴのサラダをつまんだり、キリン一番搾り生を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
おろかな旨さに思わず「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!てめーは俺を怒らせた。」とつぶやいてしまった。
スパムナポリタンはすごいリアルタイム字幕ほど手軽でおいしくていいね。

オレの邪気眼がうずくぜ。

SPAM料理 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク