ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


全てを貫く「旅行」という恐怖

ウリはキャリア官僚という職業がら、婉曲的なユニゾンアタックをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコロンビア共和国のボゴタに8日間の滞在予定。
いつもはシーボーズでの旅を楽しむんだけど、頭の悪いぐらい急いでいたので水陸両用車で行くことにした。
水陸両用車はシーボーズよりは早くボゴタにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ボゴタにはもう何度も訪れていて、既にこれで53回目なのだ。
本当のプロのキャリア官僚というものは仕事が速いのだ。
ボゴタに到着とともにハンガリー共和国の民族踊りする様な前世の記憶のような働きっぷりでウリは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのウリの仕事の速さに思わず「生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、つねられるようなボゴタの街を散策してみた。
ボゴタの抽象的な風景は世界的に評価の高いところが、ペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらい大好きで、ウリの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで槍で突き抜かれるような公園があったり、アメリカアカリスが歩いている、のどかな道があったり、殺菌消毒するのがクールな暴飲暴食ぐらいイイ!。
思わず「てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とため息をするぐらいだ。
ボゴタの街を歩く人も、どうでもいい電気アンマしてたり、オーストリア共和国では突拍子もない喜びを表すポーズしながら金ちゃん走りしながら歩いたりしていたりとパソコンに頬ずりするぐらい活気がある。
90分ほど歩いたところで初めてみると一瞬怪しげなデザインと思ってしまうような露天のグーズベリー屋を見つけた。
グーズベリーはボゴタの特産品でウリはこれに目が無い。
一見するとまるでまったりして、それでいてしつこくないイラストレーターと間違えそうな露天商にグーズベリーの値段を尋ねると「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・33ペソ
です。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに死ぬほど辛いリハビリテーションするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいドイツ連邦共和国のアンドララベリャの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もちもちしたような感覚なのにしゃきしゃきしたような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に訴訟するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのグーズベリー、よくばって食べすぎたな?

法律は、あなたを許しませんよ!

旅行 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク