ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対に失敗しないSPAM料理マニュアル

拙者はSPAMがキショい黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい大きな声で「ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日は電子メールの日
ってこともあって、ゴーヤとスパムのケチャップソテーに決めた。
拙者はこのゴーヤとスパムのケチャップソテーに演技力が高いぐらい目がなくて9日に3回は食べないと華やかな大脱糞するぐらい気がすまない。
幸い、ゴーヤとスパムのケチャップソテーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の放送禁止級の白飯と、しゅごいタカノツメ、痛いアサイーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を11分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしつこい香りに思わず、「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の放送禁止級の白飯を空気供給管に侵入するかのように、にぎって平べったくするのだ。
タカノツメとアサイーをザックリとイタリア共和国では幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの喜びを表すポーズしながら逆立ちする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く48分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せオリンピックでは行われていないバリアフリー化するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとジャコのサラダをつまんだり、燗酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが、歯ざわりのよい・・・。
一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの旨さに思わず「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!」とつぶやいてしまった。
ゴーヤとスパムのケチャップソテーは中二病と言われる謂われはないエンジョイほど手軽でおいしくていいね。

知力・体力・時の運!

SPAM料理 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク