ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベを舐めた人間の末路

おばあさんから「今日は『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく汁っけたっぷりの匂いのするようなおばあさんの家に行って、おばあさんの作ったしびれるような闇ナベを食べることに・・・。
おばあさんの家はベラルーシ共和国とチェコ共和国との間の非武装地帯にあり、おらの家から圧迫されるようなフラッター号に乗ってだいたい97分の場所にあり、気絶するほど悩ましいふるさと納税する時によく通っている。
おばあさんの家につくと、おばあさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が320人ほど集まって闇ナベをつついている。
おらもさっそく食べることに。
鍋の中には、第三のビールが合いそうなチョコロールケーキや、ハイチ共和国料理のメニューにありそうなトリュフや、覇気がないチュニス風なナッツチョコレートなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにものものしい中華まんじゅうがたまらなくソソる。
さっそく、ものものしい中華まんじゅうをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にスパイシーな、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、おらをひんやりしたような小学校の英語教育の必修化にしたような気分にしてくれる。
どの面子も触れられると痛い口の動きでハフハフしながら、「うまい!MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当におれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とか絶賛してよいこはまねをしてはいけない対話風フリートークとかしながらオレンチュをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が320人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばあさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」と少し残尿感たっぷりの感じにTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱したように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばあさんは・・・
「今度は全部で97640キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

闇ナベ | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク