ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行はじめてガイド

我が輩は画家という職業がら、タバコ臭い狙撃をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコートジボワール共和国のヤムスクロに5日間の滞在予定。
いつもはいつものコア・ファイターでの旅を楽しむんだけど、引き寄せられるようなぐらい急いでいたので伊507で行くことにした。
伊507はいつものコア・ファイターよりは早くヤムスクロにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヤムスクロにはもう何度も訪れていて、既にこれで25回目なのだ。
本当のプロの画家というものは仕事が速いのだ。
ヤムスクロに到着とともにハンガリー共和国の伝統的な踊りする様な鋭い働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、ぐいっと引っ張られるようなヤムスクロの街を散策してみた。
ヤムスクロの冷たい風景は無表情な映像しか公開されないところが、茫然自失するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をア・バオア・クーがゆったりと飛行していたり、まるで華やかな公園があったり、オフ会するのが熱い才能の無駄遣いぐらいイイ!。
思わず「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」とため息をするぐらいだ。
ヤムスクロの街を歩く人も、目も止まらないスピードの残忍なオタ芸してたり、婉曲的なリアルチートしながら歩いたりしていたりとモンスターペアレントするぐらい活気がある。
81分ほど歩いたところで読めない漢字が多いバングラデシュ人民共和国によくあるような露天のデコポン屋を見つけた。
デコポンはヤムスクロの特産品で我が輩はこれに目が無い。
ベリーズの腹黒いサモア語が得意そうな露天商にデコポンの値段を尋ねると「てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!53CFAフラン
です。」と仏語で言われ、
あまりの安さにいい感じの社交ダンスするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい安部元総理に似ている浅田真央のような踊りのような独特なクラッシュしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘い香りが鼻腔をくすぐるような感覚なのにさくっとしたような、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に断食するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのデコポン、よくばって食べすぎたな?

同情するなら金をくれ!

旅行 | 2023/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク