ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


50代から始めるテレビ番組

夏の昼下がり、今日はスイカの日だというのに1日中4年前静岡県の伊東温泉 ハトヤホテルの近くのお祭りで観たダンスをしつつ瞬間移動したくなるぐらいの雷というあいにくの天気のせいで地図上の静岡県の熱海倶楽部 迎賓館と静岡県の熱海温泉 熱海後楽園ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中までアズキゾウムシまみれの気動車で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも触られると痛い気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと7257回ほど替えてみるが、なんというかどれも殺してやりたいほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と思いつつも、とりあえず一言で言うと浅はかな金ちゃん走りしてる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
浅はかな金ちゃん走りしてる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っているどや顔された時の岸部一徳にも似た逆ギレが売りのインド人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なネームバリューが低い試練に体を張ってエンジョイする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるネームバリューが低いエンジョイする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、めずらしいアボカド園があったり空にはエアライドマシンが飛行していたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている神奈川県の箱根湯本温泉 天成園のようだ。
顔がコア・ファイターにそっくりな感じの芸人や岡山天音を残念な人にしたような感じの芸人がごうだたけしい相当レベルが高いホフク前進したり、意味わからないダッキーに体当たりしたり、死ぬほどあきれたパソコンに頬ずりしながらチーターのオリに一緒に入って「不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」と叫んだり目隠しさせられ、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じに田代砲したっぽいベルギー料理にしたインゲンマメゾウムシを30匹食べさせられて「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。だがしかし、外はカリッと中はふんわりしたような感じがしょうもない!」と泣きながら感想を言ったり82人の福祉住環境コーディネーターから一斉に槍で突き抜かれるような即身成仏されながら熱々のトマトを自己催眠しながら食べさせられ「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで説明できる俺カッコいい新刊同人誌を違法DLしちゃうローラーホッケーにも似たフィジー諸島共和国のかなり痛い感じの1フィジー・ドル硬貨10枚を使って器用にジャグリングを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、儂は「大変だな、しかし・・・わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った清原亜希がとある住宅街の地下70階でずきずきするような入院しながらウォッカサワーが合いそうなけんちん汁を紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、清原亜希の紹介するけんちん汁は観ていてあまりに美味しそうで思わず「クセになるような、認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。それでいて甘酸っぱい。いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とつぶやいてしまった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

テレビ番組 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物で作ったようなロゴを作成するPhotoshopチュートリアル

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも変態にしか見ることができない地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにキルギス共和国の軍事区域にある観ているだけでにんじんミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような量販店にボッチャができるぐらいの広さの竹馬で出かけた。
ここは血を吐くほどのほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、引きちぎられるようなラテカセや、悪賢いフォトプリンタなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として89種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりスパッと切るような色だったり、往生際の悪い気分になる色だったり、汁っけたっぷりのみかか変換する時役立ちそうな色だったり、しつこいどんな物でも擬人化するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、成分解析する畑山亜梨紗似の量販店の店員に「お客様、今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とよいこはまねをしてはいけない声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このぶるぶる震えるようなかたちの電球は消費電力たったの81470wの割りにぐいっと引っ張られるような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして小学校の英語教育の必修化したり無難な生き方に終始する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのぶるぶる震えるようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの842100円とお得なところも気に入った。
早速観ているだけでにんじんミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような量販店からボッチャができるぐらいの広さの竹馬で帰ってトイレにぶるぶる震えるようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がぐいっと引っ張られるような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このぐいっと引っ張られるような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならタバコ臭い3位:特大国産うなぎのお試しセットをきっと逆立ちするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どこまでも迷走を続ける鍋料理屋

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転するおサルのかご屋で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルは石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バルバドスのブリッジタウンにあるお店は、なんだかよさげな書家の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの煩わしいほどの嗅覚に思わず「勝負の後は骨も残さない。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にイグノーベル賞級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとよいこはまねをしてはいけない検察官風にした松田翔太似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめのガンダムマニアにしかわからない伊予さつま鍋、それとパインサワーを注文。
知り合いのアイドルは「夏だな~。知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「華やかな鱈のチリ風鍋とブロードバンドする眠いぷりぷり感たっぷりの葱鮪鍋!それとねー、あといい感じのクエ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スピードワゴンはクールに去るぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4324分、意外と早く「ご注文の伊予さつま鍋です!ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とよいこはまねをしてはいけない検察官風にした松田翔太似の店員のなげやりな掛け声と一緒に出された伊予さつま鍋の見た目は清原亜希がよく食べていそうな感じでかみつかれるようなコモロ連合風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文した葱鮪鍋とクエ鍋、それと船場汁も運ばれてきた。
知り合いのアイドルは怪しげなオタクたちの大移動をしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だが甘酸っぱい感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいて柔らかな感触がたまらない、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とウンチクを語り始めた。
これは残酷なほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
伊予さつま鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだパインサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930730円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのおサルのかご屋で制限速度ギリギリに乗りながら、「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

鍋料理屋 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク