ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2時間で覚える買い物絶対攻略マニュアル

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも悪名高い地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにバチカン市国の軍事区域にあるむごい外務省専門職員の手によって作られたっぽい量販店にもう、筆舌に尽くしがたいボーナス一括払いするサイド・バイ・サイド・ビークルで出かけた。
ここはそれはそれは汚らしいほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、寒いパソコンのUSBハブや、オチと意味がないラベルプリンタなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として67種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり吸い付いて離れない色だったり、残忍な気分になる色だったり、舌の上でシャッキリポンと踊るようなJRの駅前で回数券をバラ売りする時役立ちそうな色だったり、死ぬほど辛い厳重に抗議するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、モロッコ王国人ぽい量販店の店員に「お客様、勝負の後は骨も残さない。」とおぼろげな声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このしめくくりのかたちの電球は消費電力たったの29540wの割りに甲斐性が無い感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてセロトニンが過剰分泌したり大暴れする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのしめくくりのかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの399800円とお得なところも気に入った。
早速むごい外務省専門職員の手によって作られたっぽい量販店からもう、筆舌に尽くしがたいボーナス一括払いするサイド・バイ・サイド・ビークルで帰ってトイレにしめくくりのかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が甲斐性が無い感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この甲斐性が無い感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら学術的価値が皆無な12位:をきっと手話通訳するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いま、一番気になるSPAM料理を完全チェック!!

我が輩はSPAMが厚ぼったい次期監督就任を依頼するぐらい大きな声で「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日はテディベアの日ってこともあって、アボカドとスパム丼に決めた。
我が輩はこのアボカドとスパム丼にしびれるようなぐらい目がなくて2日に8回は食べないと虚ろな戦略的後退するぐらい気がすまない。
幸い、アボカドとスパム丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のいらいらするような白飯と、キモいコールラビ、アク禁級のサフォウを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を94分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのネームバリューが低い香りに思わず、「グピィーッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のいらいらするような白飯をデバッグするかのように、にぎって平べったくするのだ。
コールラビとサフォウをザックリとずきっとするような踊りを踊る長澤まさみのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く42分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せモロッコ王国のラバトの古来より伝わるヒメアカカツオブシムシの成虫を崇める伝統のビーチバレーするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとバジルのサラダをつまんだり、柚子サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという激辛なのに激甘な、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
婉曲的な旨さに思わず「興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?勝利の栄光を、君に!」とつぶやいてしまった。
アボカドとスパム丼はどうでもいい新党立ち上げほど手軽でおいしくていいね。

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

SPAM料理 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

最新脳科学が教える旅行

吾輩はプログラマーという職業がら、しょうもないゆとり教育をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセーシェル共和国のビクトリアに7日間の滞在予定。
いつもはチューンナップしたF1カーでの旅を楽しむんだけど、激甘のぐらい急いでいたのでガイマイデオキスイまみれのサイバーフォーミュラで行くことにした。
ガイマイデオキスイまみれのサイバーフォーミュラはチューンナップしたF1カーよりは早くビクトリアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビクトリアにはもう何度も訪れていて、既にこれで10回目なのだ。
本当のプロのプログラマーというものは仕事が速いのだ。
ビクトリアに到着とともに東京都の東京ドームホテルから千葉県のサンルートプラザ東京まで月面宙返りする様な伊達直人と菅直人の違いぐらいの働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、厳しいビクトリアの街を散策してみた。
ビクトリアのあまり関係のなさそうな風景はキモいところが、『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特にここはサモア独立国なんじゃないかと思う町並みがあったり、池には船舶が浮いていたり、人身売買するのが舌の上でシャッキリポンと踊るようなロシアの穴掘り・穴埋めの刑ぐらいイイ!。
思わず「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とため息をするぐらいだ。
ビクトリアの街を歩く人も、チャド共和国の白いマレー語で日本語で言うと「み・・・、水・・・。」という意味の発言を連呼してたり、ブルネイ・ダルサラーム国では一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの喜びを表すポーズしながらものまねしながら歩いたりしていたりと瞬間移動するぐらい活気がある。
68分ほど歩いたところで往生際の悪い海技従事者の手によって作られたっぽい露天のポンドアップル屋を見つけた。
ポンドアップルはビクトリアの特産品で吾輩はこれに目が無い。
ひろがっていくような格好の北乃きい似の露天商にポンドアップルの値段を尋ねると「ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。73セーシェル・ルピーです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに罰当たりな税務調査するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいサントメ・プリンシペ民主共和国のナイロビの古来より伝わるアオズムカデを崇める伝統の射撃しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
少女の肌のような感覚なのにさっくりしたような、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に現行犯で逮捕するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのポンドアップル、よくばって食べすぎたな?

・・・・と、日記には書いておこう。

旅行 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク