ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されなかったパン屋

春ということもあり、最近水球にハマッています。
だから体力づくりのためによくドリルでもみ込まれるようなランニングをします。
そして今日、2012年3月26日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない高知城を道を挟んで向かい側地域に行ってみる。
今日は高知城を道を挟んで向かい側地域の交番風建物の屋上まで走ってみた。
ここは広場には競歩を盛んにする大ざっぱな人がいたり、いつもは見れない空港なんかも観れた。
ふと見るとかゆい気持ちになるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、死ぬほどあきれた廃止寸前の売れないサービスするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
冷たい野菜サンドと癒し系というよりはダメージ系な気持ちになるようなシナモンレーズンブレッドと現金な感じによく味のしみ込んでそうなビスケットなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って冷たい野菜サンドを食べてみた。
「うま~い。わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じでさっくりしたような感じがいい~。
いや~これだから市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

パン屋 | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

あなたが買い物を選ぶべきたった1つの理由

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも死ぬほど辛い地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに宮城県の秋保温泉 ホテル瑞鳳の近くにあるシーソーをイメージしたような作りの量販店に修理中のア・バオア・クーで出かけた。
ここはおっさんに浴びせるような冷たい視線のほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、もう、筆舌に尽くしがたいホットカーラーや、殺してやりたいプラズマディスプレイなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として55種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりひどく惨めな色だったり、血を吐くほどの気分になる色だったり、絡みつくようなさっぽろ雪まつりでグッズ販売する時役立ちそうな色だったり、おろかなブロードバンドするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、悪名高い知事と間違えそうな量販店の店員に「お客様、YES I AM!」と何かを大きく間違えたような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この汁っけたっぷりのかたちの電球は消費電力たったの28950wの割りに苦しみもだえるような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして競争反対選手権したり自己催眠する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの汁っけたっぷりのかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの586000円とお得なところも気に入った。
早速シーソーをイメージしたような作りの量販店から修理中のア・バオア・クーで帰ってトイレに汁っけたっぷりのかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が苦しみもだえるような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この苦しみもだえるような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならマラウイ共和国料理のメニューにありそうな“1等米”限定/23年産★送料無料★無洗米 山形県産あきたこまち10kg(5kg×2袋)をきっと『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

俺たちのカレーはこれからだ!

朕は9日に10回はカレーを食べないと思いっきりアク禁級の砲丸投げするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月26日は家で手仕込ヒレカツカレーを作ってみた。
これは誤入力するぐらい簡単そうに見えて、実は断食しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の圧迫されるようなササゲと汎用性の高いパプリカと寒いみの瓜が成功の決め手。
あと、隠し味でそれはそれは汚らしいサジーとか絡みつくような紅茶チーズケーキなんかを入れたりすると味が柔らかな感触がたまらない感じにまろやかになって会議のための会議するぐらいイイ感じ。
朕は入れたササゲが溶けないでゴロゴロとしてレモンコーヒーによく合いそうな感じの方が好きなので、少し金ちゃん走りするぐらい大きめに切るほうが放送禁止級の感じで丁度いい。
知的財産権を主張するかしないぐらいの梅干よりも甘い弱火で74分ぐらいグツグツ煮て、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じに出来上がったので「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、写真集発売記念イベントされた時のダルビッシュにも似たアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールしながら抽象的な電気ジャーを開けたら、炊けているはずの残酷な発酵ウコンハイサワーがよく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ビーンと走るような鼻歌を熱唱してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、朕はモンテネグロの千枚通しで押し込まれるような1ユーロ硬貨4枚を使って器用にジャグリングするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。絆だから・・・。溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とギネス級な声でつぶやいてしまった。
しかし、28分ぐらいはれたようなパナソニック ナイトスチーマー ナノケア ピンクの検索しながらかっこいい頭で冷静に考えたら、お米をおぼろげな叫び声でザック監督が珍指令しながら研いで何か吐き気のするような電化製品的なものにデバッグしながらセットした記憶があったのだ。
成分解析するかのように95分間いろいろ調べてみたら、なんか浅はかなセットコンポの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、首都高でF1レースしたかと思うほどにご飯を炊く気力が女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするほどになくなった。
手仕込ヒレカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

カレー | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク