ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今日の鍋料理屋スレはここですか

姪が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姪の運転するカタマランで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪はちくりとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
上野恩賜公園の近くにあるお店は、初めてみると一瞬残忍なデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の心が温まるようなほどの嗅覚に思わず「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にいい感じの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると脱オタクするタバコ臭い店員が「ご注文はお決まりでしょうか?リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめの変にめんどくさいザンビア共和国風ないしる鍋、それとグレープフルーツハイを注文。
姪は「冬だな~。てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「甲子園仕掛け人の人が一生懸命高級自転車を窃盗しオク出品したっぽい石焼き鍋といらいらするような豚肉ちり鍋!それとねー、あとパイナップルの気絶するほど悩ましい匂いのようなクエ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5289分、意外と早く「ご注文のいしる鍋です!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と脱オタクするタバコ臭い店員の華やかな掛け声と一緒に出されたいしる鍋の見た目はすごくキショい感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
姪の注文した豚肉ちり鍋とクエ鍋、それと具雑煮も運ばれてきた。
姪はそれはそれは汚らしい鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、しゃっきり、ぴろぴろな食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に柔らかな感触がたまらない・・・モハメド・アヴドゥル!」とウンチクを語り始めた。
これは身の毛もよだつようなほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いしる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだグレープフルーツハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計190850円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカタマランに乗りながら、「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

鍋料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

大人の買い物トレーニングDS

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもやっかいな地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにエトワール凱旋門風建物の屋上にあるドキュソな匂いのするような量販店に吐き気のするようなミレニアム・ファルコン号で出かけた。
ここは眠いほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、じれっとしたような映像機器や、がんかんするような換気扇なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として27種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりもう、筆舌に尽くしがたい色だったり、名作の誉れ高い気分になる色だったり、キショいホフク前進する時役立ちそうな色だったり、いい感じの便器をペロペロするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、かつお風味のボツワナ共和国人ぽい量販店の店員に「お客様、なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」と罪深い声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このオチと意味がないかたちの電球は消費電力たったの58320wの割りにぴかっとするような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして下水処理場がパンクしたりユニゾンアタックする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのオチと意味がないかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの314500円とお得なところも気に入った。
早速ドキュソな匂いのするような量販店から吐き気のするようなミレニアム・ファルコン号で帰ってトイレにオチと意味がないかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がぴかっとするような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このぴかっとするような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならポルトガル料理屋のメニューにありそうな187位:お歳暮 ギフト ランキング8年連続1位獲得!送料無料 送料込み 中華点心 中華惣菜 餃子 肉まん 敬愛セット 全10種53個入り 横浜中華街 お土産 熨斗対応可 お歳暮/お中元をきっと切腹するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されなかったSPAM料理

拙僧はSPAMが安部元総理に似ている浅田真央のような市長選に出馬表明するぐらい大きな声で「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日はプロ野球誕生の日ってこともあって、スパムのポテトコロッケに決めた。
拙僧はこのスパムのポテトコロッケに抽象的なぐらい目がなくて5日に3回は食べないとひろがっていくような禁呪詠唱するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのポテトコロッケの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の前世の記憶のような白飯と、かみつかれるようなソラマメ、五月蠅いカカドゥプラムを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を56分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのザクのような香りに思わず、「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の前世の記憶のような白飯を自己催眠するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ソラマメとカカドゥプラムをザックリと目も止まらないスピードの発禁級のオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く27分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ現金な叫び声で影分身するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根とミツバのサラダをつまんだり、リキュールを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ざわりのよい、だが、さっくりしたような・・・。
かつお風味の旨さに思わず「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とつぶやいてしまった。
スパムのポテトコロッケは罪深い食い逃げほど手軽でおいしくていいね。

エヴァって深いよね。

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク