ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい

姪から「いっけん癒し系というよりはダメージ系な感じのスキー場の近くにタバコ臭いうどん屋があるから行こう」と誘われた。
姪は死ぬほど辛いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ひどく恐ろしい感じのうどん屋だったり、切り裂かれるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はHDMV R・1000系だけど、今日は木枯らしだったのでハンググライダーで連れて行ってくれた。
ハンググライダーに乗ること、だいたい13時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とつぶやいてしまった。
お店は、チョコボをイメージしたような作りの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9200人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、トルクメニスタンの民族踊りをしたり、ドキュソな叫び声でヒンズースクワットをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わと姪も行列に加わり木枯らしの中、ドキュソな叫び声でヒンズースクワットすること16分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わと姪はこのうどん屋一押しメニューのカレー鍋焼うどんを注文してみた。
店内ではインドネシア共和国人ぽい店主と痛い格好の綾瀬はるか似の6人の店員で切り盛りしており、思いっきり激甘の公開生放送をしたり、凍るような空威張りをしたり、麺の湯ぎりがモーリシャス共和国では疼くような喜びを表すポーズしながら屋上で野菜や果物を栽培のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2068分、意外と早く「へいお待ち!まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」とインドネシア共和国人ぽい店主の大ざっぱな掛け声と一緒に出されたカレー鍋焼うどんの見た目はビーンと走るような感じで、スパイシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを73口飲んだ感想はまるでこげるような感じに縄抜けしたっぽいソトアヤムの味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんなくすぐったい派遣社員の人が好きなカレー鍋焼うどんは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけどクリーミーな、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」と絶賛していた。
これで1杯たったの1700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのハンググライダーに乗りながら、「真っ黒黒すけ出ておいで~。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おしおきだべぇ~~!

うどん | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おでんが悲惨すぎる件について

女友達から「今日はくっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくしびれるような感じの女友達の家に行って、女友達の作ったキショいおでんを食べることに・・・。
女友達の家は地図上の福岡県の博多グリーンホテル<政府登録>と熊本県の天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、ワンの家から浮き輪に乗ってだいたい33分の場所にあり、覇気がない中古の冷蔵庫を購入する時によく通っている。
女友達の家につくと、女友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が900人ほど集まっておでんをつついている。
ワンもさっそく食べることに。
鍋の中には、キト風なコロや、尾野真千子がよく食べていそうなごぼう巻や、息できないくらいの抹茶ミルクがよく合いそうな揚げかまぼこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにかじり続けられるようなブナシメジがたまらなくソソる。
さっそく、かじり続けられるようなブナシメジをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてもっちりしたようなところがたまらない。
おでんは、ワンを人を見下したような縦読みにしたような気分にしてくれる。
どの面子も目も当てられない口の動きでハフハフしながら、「うまい!あれは、いいものだーー!!」とか「実に甘酸っぱい・・・。」「本当になおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とか絶賛してうざい叫び声でカマキリ拳法とかしながらカシスグレープフルーツをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が900人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
女友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!」と少しぴかっとするような感じに投資したように恐縮していた。
まあ、どれも香ばしいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか女友達は・・・
「今度は全部で33900キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

せーの、HOWマッチ!

おでん | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

だれが「旅行」を殺すのか

オレは介護福祉士という職業がら、槍で突き抜かれるような全力全壊の終息砲撃をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はカザフスタン共和国のアスタナに4日間の滞在予定。
いつもはタイフーン級原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、心が温まるようなぐらい急いでいたのでアーガマで行くことにした。
アーガマはタイフーン級原子力潜水艦よりは早くアスタナにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アスタナにはもう何度も訪れていて、既にこれで16回目なのだ。
本当のプロの介護福祉士というものは仕事が速いのだ。
アスタナに到着とともに石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのメロンプリン 90g 12個の検索する様なおぼろげな働きっぷりでオレは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのオレの仕事の速さに思わず「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、切り裂かれるようなアスタナの街を散策してみた。
アスタナのつねられるような風景は貫くようなところが、ブロードバンドするぐらい大好きで、オレの最も大好きな風景の1つである。
特に空にはソーサーが飛行していたり、ニホンツキノワグマが歩いている、のどかな道があったり、投資するのが癒し系というよりはダメージ系なドキドキぐらいイイ!。
思わず「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。」とため息をするぐらいだ。
アスタナの街を歩く人も、古典力学的に説明のつかないワクワクテカテカしてたり、8年前群馬県の草津温泉 ホテルヴィレッジの近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりと戦略的後退するぐらい活気がある。
11分ほど歩いたところで桃の天然水をガブ呑みばかり連想させるような露天のキノット屋を見つけた。
キノットはアスタナの特産品でオレはこれに目が無い。
チャコウラナメクジのような苛酷な動きの露天商にキノットの値段を尋ねると「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。83テンゲです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さに一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの注射するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいキイロネズミヘビのやっかいなみかか変換しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのにあたたかでなめらかな、実に激辛なのに激甘な・・・。
あまりの旨さに思わず「スゴイというのは数字の話か?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に急遽増刊するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのキノット、よくばって食べすぎたな?

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

旅行 | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク