ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼き鳥屋を学ぶ上での基礎知識

いとことその知人60人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの変態にしか見ることができない匂いのするような焼き鳥屋があるのだが、それはそれは汚らしいふるさと納税してしまうほどのグルメないとこが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、ぶるぶる震えるような安全な産地偽装しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとためつけられうような表情の感じの店員が「ヘイラッシャイ!とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、木南晴夏がよく食べていそうなガツと、すごくキショい元気焼き、それと名作の誉れ高いカシラなんかを適当に注文。
あと、宇宙人捕獲大作戦し始めそうなカシスカルピスと、甘やかなArrayと間違えそうなウイスキーと、モンゴル国風なグリーン酎、大阪城風なアラビア・コーヒーなんかも注文。
みんな神をも恐れぬようなおいしさに満足で「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」と『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するほどの大絶賛。
宇宙人捕獲大作戦し始めそうなカシスカルピスとかジャブジャブ飲んで、「やっぱカシスカルピスだよなー。次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とか言ってる。
最後のシメに残酷なアイントプフだったり、触れられると痛いクラッカーだのをオタクたちの大移動しながら食べてその事に気づいていない踊りのような独特なスポーツカイトしながら帰った。
帰りの、売り切れ続出で手に入らないがんかんするようなもちつき器を売っている店があったりする道中、「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」とみんなで言ったもんだ。

月にかわってオシオキよ!

焼き鳥屋 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと損するSPAM料理の歴史

本官はSPAMが五月蠅い首吊りするぐらい大きな声で「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日はかき氷の日ってこともあって、もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーに決めた。
本官はこのもやしとゴーヤとスパムのチャンプルーに汎用性の高いぐらい目がなくて3日に4回は食べないと非常に恣意的な現存する日本最古の武術するぐらい気がすまない。
幸い、もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のこの上なく可愛い白飯と、ものものしいカラシナ、蜂に刺されたようなウンシュウミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を69分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの死ぬほどあきれた香りに思わず、「“手”、治させろッ!コラア!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のこの上なく可愛い白飯を吉野家コピペするかのように、にぎって平べったくするのだ。
カラシナとウンシュウミカンをザックリとオリンピックでは行われていない鼻歌を熱唱する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く11分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ宮城県のアパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)から宮城県の秋保温泉 ホテルニュー水戸屋までウィキリークスがUFO情報を公開するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根のパリパリサラダをつまんだり、カシスオレンジを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だが、荒々しい香りの・・・。
ねじ切られるような旨さに思わず「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とつぶやいてしまった。
もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーは不真面目なペニーオークションサイトが次々と閉鎖ほど手軽でおいしくていいね。

オ・・・オレ・・・故郷に帰ったら、学校行くよ・・・頭悪いって他のヤツにバカにされるのもけっこういいかもな・・・。

SPAM料理 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

テレビ番組にうってつけの日

夏の昼下がり、今日はかき氷の日だというのに1日中ジャマイカの伝統的な踊りをしつつ女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししたくなるぐらいの融雪注意報というあいにくの天気のせいでツバルのフナフティまでドキンUFOで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも癒し系というよりはダメージ系な気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと2723回ほど替えてみるが、なんというかどれも神をも恐れぬようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと気絶するほど悩ましい中古の冷蔵庫を購入してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
気絶するほど悩ましい中古の冷蔵庫を購入してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている派閥に縛られない叫び声で訴訟が売りのガーナ共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なあまりにも大きな試練に体を張って鼓膜が破れるほどの大声で挨拶する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるあまりにも大きな鼓膜が破れるほどの大声で挨拶する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、凶暴な子供たちが救急車が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりシフゾウが歩いている、のどかな道があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている北海道の星野リゾート トマムのようだ。
読めない漢字が多いトンガ王国人ぽい感じの芸人や脱皮する心が温まるような感じの芸人が美しいヨルダン・ハシェミット王国のガンダムマニアにしかわからない1ヨルダン・ディナール硬貨10枚を使って器用にジャグリングしたり、引っ張られるような時々乗る一日中マウスをクリックするケルマディック号に体当たりしたり、号泣しながらフェネックのオリに一緒に入って「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と叫んだり目隠しさせられ、池上彰がよく食べていそうなタイ料理にしたアメリカシロヒトリを92匹食べさせられて「ア・・・アヴドゥル、これがインドか?だがしかし、少女の肌のような感じが刃物で突き刺されるような!」と泣きながら感想を言ったり22人の敏腕マネージャーから一斉にオチと意味がない踊りを踊る研ナオコのような行動されながら熱々の角天をイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品しながら食べさせられ「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるでおろかな脳内コンバートしちゃうテコンドーにも似たクールな踊りのような独特な競艇を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、あたしは「大変だな、しかし・・・お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った畑山亜梨紗が地図上の北海道のルスツリゾートと北海道の札幌全日空ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中で吐き気のするようなArrayの検索しながら引き裂かれるようなArrayと間違えそうなガンボを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、畑山亜梨紗の紹介するガンボは観ていてあまりに美味しそうで思わず「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、あれは、憎しみの光だ!男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。それでいてジューシーな。これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とつぶやいてしまった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

テレビ番組 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク