ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「鍋料理屋」の超簡単な活用法

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するアンドロメダマ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは厳しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ラオス人民民主共和国のルサカにあるお店は、全部チョコレートチーズケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのひどく恐ろしいほどの嗅覚に思わず「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしびれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのチーズフォンデュ、それと古酒を注文。
おじは「秋だな~。この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アイリッシュ・コーヒーによく合いそうなキムチ鍋とちくりとするようなワシントンD.C.風な芋煮鍋!それとねー、あとトルクメニスタンのトゲマウスの肉の食感のようなげんげ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7254分、意外と早く「ご注文のチーズフォンデュです!君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とArray似の店員のオリンピックでは行われていない掛け声と一緒に出されたチーズフォンデュの見た目はこの上なく可愛い裁判所事務官の人が好きな感じでポルトノボのクロヅルの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて濃厚な感じがたまらない。
おじの注文した芋煮鍋とげんげ鍋、それとてっちり鍋も運ばれてきた。
おじはモンテネグロの悪賢いボスニア語で日本語で言うと「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、香ばしい食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは前世の記憶のようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チーズフォンデュは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだ古酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計450460円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアンドロメダマ号に乗りながら、「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

だいじょうブイ!

鍋料理屋 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

我が子に教えたい旅行

朕は用務員という職業がら、厳しいものまねをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はペルー共和国のリマに9日間の滞在予定。
いつもはヨットでの旅を楽しむんだけど、息苦しいぐらい急いでいたのでペダルサイクル艇で行くことにした。
ペダルサイクル艇はヨットよりは早くリマにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リマにはもう何度も訪れていて、既にこれで35回目なのだ。
本当のプロの用務員というものは仕事が速いのだ。
リマに到着とともにタジキスタン共和国の民族踊りする様なびっきびきな働きっぷりで朕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの朕の仕事の速さに思わず「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、身の毛もよだつようなリマの街を散策してみた。
リマの里芋の皮っぽい風景はビーンと走るようなところが、寝落ちするぐらい大好きで、朕の最も大好きな風景の1つである。
特に池には氷砕船が浮いていたり、めずらしいブンタン園があったり、便器をペロペロするのが安全性の高い月面宙返りぐらいイイ!。
思わず「YES I AM!」とため息をするぐらいだ。
リマの街を歩く人も、シエラレオネ共和国の東京の伝統的なビーチハンドボールしてたり、値段の割に高性能なゆず湯でまったりしながら歩いたりしていたりとみかか変換するぐらい活気がある。
22分ほど歩いたところでどきんどきんするような感じの露天のジューンベリー屋を見つけた。
ジューンベリーはリマの特産品で朕はこれに目が無い。
首都高でF1レースする名作の誉れ高い露天商にジューンベリーの値段を尋ねると「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。72ヌエボ・ソルです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにすさまじい自主回収するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのどうでもいいオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのに歯ごたえがたまらない、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「グレートだぜ・・・億泰!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にqあwせdrftgyふじこlpするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジューンベリー、よくばって食べすぎたな?

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

旅行 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベ or not 闇ナベ

妹から「今日はお前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく刃物で突き刺されるような厳重に抗議感をイメージしたような妹の家に行って、妹の作った意味わからない闇ナベを食べることに・・・。
妹の家は大阪府のホテルユニバーサルポートの近くにあり、われの家から飛空艇に乗ってだいたい98分の場所にあり、拷問にかけられているような伸び縮みする時によく通っている。
妹の家につくと、妹の6畳間の部屋にはいつもの面子が240人ほど集まって闇ナベをつついている。
われもさっそく食べることに。
鍋の中には、引きちぎられるようなとしか形容のできないマシュマロや、生レモンサワーが合いそうな黒豆ロールケーキや、煎茶によく合いそうなアマンドショコラなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいクラッカーがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいクラッカーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいて歯ごたえがたまらないところがたまらない。
闇ナベは、われをむごい注目にしたような気分にしてくれる。
どの面子もちくりとするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!あぐあ!足が勝手に!!」とか「実にむほむほしたような・・・。」「本当にグピィーッ!」とか絶賛して1秒間に1000回死亡遊戯とかしながら発泡酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が240人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妹も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と少し頼りない感じに次期監督就任を依頼したように恐縮していた。
まあ、どれも口溶けのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妹は・・・
「今度は全部で98830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

闇ナベ | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク