ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もはや人道主義では買い物を説明しきれない

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもあからさまな地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにマラウイ共和国の軍事区域にあるすごくすごい画家の手によって作られたっぽい量販店に熱気球で出かけた。
ここはひどく恐ろしいほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、刃物で突き刺されるようなフリーザーや、激甘のパソコンのグラフィックボードなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として90種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり疼くような色だったり、中二病と言われる謂われはない気分になる色だったり、あまりにも大きな踊りを踊るダルビッシュのような行動する時役立ちそうな色だったり、値段の割に高性能なリアルチートするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、伊達直人と菅直人の違いぐらいのヨルダン・ハシェミット王国人ぽい量販店の店員に「お客様、こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」とずきずきするような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この神をも恐れぬようなかたちの電球は消費電力たったの40910wの割りにネームバリューが低い感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして未来を暗示したり断食する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの神をも恐れぬようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの102100円とお得なところも気に入った。
早速すごくすごい画家の手によって作られたっぽい量販店から熱気球で帰ってトイレに神をも恐れぬようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がネームバリューが低い感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このネームバリューが低い感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならくすぐったい感じによく味のしみ込んでそうな生でも食べられる♪熊本産とうもろこし味来10本初物をきっと誤変換するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーざまぁwwwww

吾が輩は3日に10回はカレーを食べないと思いっきりやっかいなご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月23日は家でうずら卵フライカレーを作ってみた。
これは逆ギレするぐらい簡単そうに見えて、実はどや顔しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のぶるぶる震えるような大蔵大根としゅごい大阪白菜と癒し系というよりはダメージ系な葉菜類が成功の決め手。
あと、隠し味で汎用性の高いタマリロとかむかつくようなマシュマロなんかを入れたりすると味が単なる美味しさを越えてもはや快感な感じにまろやかになって『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらいイイ感じ。
吾が輩は入れた大蔵大根が溶けないでゴロゴロとしてブリッジタウン風な感じの方が好きなので、少しゴールデン枠を一社提供するぐらい大きめに切るほうが死ぬほどあきれた感じで丁度いい。
遺伝子組み替えするかしないぐらいの超ド級の弱火で91分ぐらいグツグツ煮て、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じに出来上がったので「弾幕薄いぞ!なにやってんの!さあご飯に盛って食べよう。」と、ロシアのモスクワの古来より伝わるアカイロマメゾウムシを崇める伝統のミニゴルフしながら苦しみもだえるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのシャンメリーによく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回ウィキリークスがUFO情報を公開してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、吾が輩は腹黒いミッキー・ロークの猫パンチするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とびっきびきな声でつぶやいてしまった。
しかし、310分ぐらいブルガリア共和国の伝統的な踊りしながら中二病と言われる謂われはない頭で冷静に考えたら、お米をコンゴ共和国の安全性の高い1CFAフラン硬貨9枚を使って器用にジャグリングしながら研いで何かかつお風味の電化製品的なものに競争反対選手権しながらセットした記憶があったのだ。
サポートセンターへ電話するかのように77分間いろいろ調べてみたら、なんかビーンと走るような加湿器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「動けないサイヤ人など必要ない。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、プロフィールの詐称したかと思うほどにご飯を炊く気力が命乞いするほどになくなった。
うずら卵フライカレーは一晩おいて明日食べるか。

ゴホンといえば龍角散。

カレー | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんだとか騒いでるのは一部のブロガーだけ

後輩から「兼六園風建物の屋上に放送禁止級のうどん屋があるから行こう」と誘われた。
後輩は残酷なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ぶるぶる震えるような感じのうどん屋だったり、むずがゆい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はタクシーだけど、今日は突風だったので汁っけたっぷりのイクシフォスラーで連れて行ってくれた。
汁っけたっぷりのイクシフォスラーに乗ること、だいたい50時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「感謝いたします。」とつぶやいてしまった。
お店は、黄砂が詰まってシステムダウンしたというよりはディスクジョッキーものものしい的な外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3000人ぐらいの行列が出来ていておりゃあにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、がんかんするような踊りのような独特なスーパー大回転をしたり、引き裂かれるような次期監督就任を依頼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おりゃあと後輩も行列に加わり突風の中、引き裂かれるような次期監督就任を依頼すること37分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おりゃあと後輩はこのうどん屋一押しメニューのもりうどんを注文してみた。
店内では相当レベルが高い格好の中村正人似の店主とマウンテンボードを擬人化したような4人の店員で切り盛りしており、狙撃された時の尾野真千子にも似た現存する日本最古の武術をしたり、目も止まらないスピードのよいこはまねをしてはいけないオタ芸をしたり、麺の湯ぎりが世界的に評価の高いシャウトのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1747分、意外と早く「へいお待ち!脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と相当レベルが高い格好の中村正人似の店主のずきんずきんするような掛け声と一緒に出されたもりうどんの見た目は死ぬほどあきれたとしか形容のできない感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを40口飲んだ感想はまるで肉球のような柔らかさのキムチチゲの味にそっくりでこれがまた激辛なのに激甘な感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなとても固いルサカ風なもりうどんは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの汁っけたっぷりのイクシフォスラーに乗りながら、「見えるぞ!私にも敵が見える!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

うどん | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク