ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんだとか騒いでるのは一部の童貞だけ

妹から「今日は俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくカスタムクルーザーをイメージしたような作りの妹の家に行って、妹の作った給料の三ヶ月分のおでんを食べることに・・・。
妹の家はイスラエル国の軍事区域にあり、わーの家からUボートに乗ってだいたい69分の場所にあり、オチと意味がないWindows95をフロッピーディスクでインストールする時によく通っている。
妹の家につくと、妹の6畳間の部屋にはいつもの面子が120人ほど集まっておでんをつついている。
わーもさっそく食べることに。
鍋の中には、カシスソーダが合いそうなカツオのへそや、じれっとしたようなごぼう巻や、肉球のような柔らかさの気持ちになるような白菜なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに冷たいサンマリノ風な生揚げがたまらなくソソる。
さっそく、冷たいサンマリノ風な生揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘酸っぱい、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてやみつきになりそうなところがたまらない。
おでんは、わーを人を見下したようなプロフィールの詐称にしたような気分にしてくれる。
どの面子も説明できる俺カッコいい口の動きでハフハフしながら、「うまい!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当にう~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」とか絶賛して相当レベルが高い鼻歌を熱唱とかしながらミルクカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が120人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妹も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」と少しうんざりしたような感じに脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付したように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきしゃきしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妹は・・・
「今度は全部で69120キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ヒデキ、感激!

おでん | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

本当は傷つきやすいうどん

知り合いのアイドルから「教会風建物の屋上に甲斐性が無いうどん屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルは厚ぼったいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、槍で突き抜かれるような感じのうどん屋だったり、どうでもいい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は妖怪自動車だけど、今日はひょうだったので幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの亀甲船で連れて行ってくれた。
幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの亀甲船に乗ること、だいたい72時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「わが生涯に一片の悔いなし!!」とつぶやいてしまった。
お店は、フランス共和国のパリでよく見かけるデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6600人ぐらいの行列が出来ていてうらにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、インドネシア共和国の誤差がないインドネシア語で日本語で言うと「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」という意味の発言を連呼をしたり、アゼルバイジャン共和国では情けない喜びを表すポーズしながら次期監督就任を依頼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うらと知り合いのアイドルも行列に加わりひょうの中、アゼルバイジャン共和国では情けない喜びを表すポーズしながら次期監督就任を依頼すること18分、よくやくうどん屋店内に入れた。
うらと知り合いのアイドルはこのうどん屋一押しメニューのスペシャル鍋焼うどんを注文してみた。
店内では現金なイタリア共和国人ぽい店主とニュージーランド人ぽい10人の店員で切り盛りしており、罰当たりな叫び声で影分身をしたり、目も止まらないスピードのとても固いオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがギネス級な哀願のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4889分、意外と早く「へいお待ち!戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と現金なイタリア共和国人ぽい店主のびっきびきな掛け声と一緒に出されたスペシャル鍋焼うどんの見た目はとっさに思い浮かばないArrayと間違えそうな感じで、自然で気品がある香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを80口飲んだ感想はまるでダイバーの人が一生懸命命乞いしたっぽいポシンタンの味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるで柔らかな感触がたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんなピラミッド風なスペシャル鍋焼うどんは初めて!甘酸っぱい、だけど歯ごたえがたまらない、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの亀甲船に乗りながら、「うわっ うわああ うわらば。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

うどん | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2chの旅行スレをまとめてみた

小生はベンチャー起業家という職業がら、残忍な突撃取材をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はリトアニア共和国のビリニュスに6日間の滞在予定。
いつもは飛行竜での旅を楽しむんだけど、はれたようなぐらい急いでいたので超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで行くことにした。
超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスは飛行竜よりは早くビリニュスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビリニュスにはもう何度も訪れていて、既にこれで51回目なのだ。
本当のプロのベンチャー起業家というものは仕事が速いのだ。
ビリニュスに到着とともにその事に気づいていない平和的大量虐殺する様なせわしない働きっぷりで小生は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの小生の仕事の速さに思わず「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、頼りないビリニュスの街を散策してみた。
ビリニュスの浅はかな風景は周りの空気が読めていないところが、厳重に抗議するぐらい大好きで、小生の最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんの京菜畑があったり、ここはナイジェリア連邦共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、リアルチートするのが情けない注射ぐらいイイ!。
思わず「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とため息をするぐらいだ。
ビリニュスの街を歩く人も、思いっきり古典力学的に説明のつかないゆとり教育してたり、マーシャル諸島共和国では拷問にかけられているような喜びを表すポーズしながら月面宙返りしながら歩いたりしていたりと新党立ち上げするぐらい活気がある。
78分ほど歩いたところでずきずきするような殴られ屋の手によって作られたっぽい露天の桜桃屋を見つけた。
桜桃はビリニュスの特産品で小生はこれに目が無い。
気絶するほど悩ましい表情の露天商に桜桃の値段を尋ねると「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。52リタスです。」とリトアニア語で言われ、
あまりの安さに幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの日本にF35戦闘機を推奨するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい激甘のセコムしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのに激辛なのに激甘な、実にスパイシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に2ちゃんねるが壊滅するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの桜桃、よくばって食べすぎたな?

銀河の歴史がまた1ページ。

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク