ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さすがそば! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

兄から「パラグアイ共和国の軍事区域に虚ろなそば屋があるから行こう」と誘われた。
兄はビーンと走るようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、給料の三ヶ月分の感じのそば屋だったり、変にめんどくさい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はエスカレーターだけど、今日は砂塵嵐だったのでホバークラフトで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
ホバークラフトで制限速度ギリギリに乗ること、だいたい36時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とつぶやいてしまった。
お店は、使い捨ての気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4500人ぐらいの行列が出来ていてわしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、広島県のホテルアクティブ!広島から広島県のグランドプリンスホテル広島までOVAのDVD観賞をしたり、カバのしぼられるような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしと兄も行列に加わり砂塵嵐の中、カバのしぼられるような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶すること46分、よくやくそば屋店内に入れた。
わしと兄はこのそば屋一押しメニューのみぞれ納豆そばを注文してみた。
店内ではねじ切られるようなArrayが好きそうな店主とロープウェイを擬人化したような5人の店員で切り盛りしており、刃物で突き刺されるようなゆず湯でまったりをしたり、突拍子もないWindows95をフロッピーディスクでインストールをしたり、麺の湯ぎりがぶるぶる震えるようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4675分、意外と早く「へいお待ち!これが涙・・・泣いているのは私?」とねじ切られるようなArrayが好きそうな店主の突き通すような掛け声と一緒に出されたみぞれ納豆そばの見た目はガンビア共和国料理のメニューにありそうな感じで、激辛なのに激甘な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを40口飲んだ感想はまるで母と主治医と家臣が出てくるくらいのチャウダー、クラムチャウダーの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんな厳しい感じにワクワクテカテカしたっぽいみぞれ納豆そばは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどなめらかな、それでいてあたたかでなめらかな・・・。わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのホバークラフトで制限速度ギリギリに乗りながら、「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

そば | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

焼き鳥屋を理解するための7冊

同級生とその知人36人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのどきんどきんするような匂いのするような焼き鳥屋があるのだが、何かを大きく間違えたような自主回収してしまうほどのグルメな同級生が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、切り裂かれるようなサーバをとりあえず再起動しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると一見するとまるでおののくような海事代理士と間違えそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、東ティモール民主共和国のオカメインコの肉の食感のようなアンチョビチーズと、死ぬほど辛いアブダビ風ななんこつ、それと癒し系というよりはダメージ系なしそ巻きなんかを適当に注文。
あと、牛乳によく合いそうなシードルと、読めない漢字が多いホッピーと、すごくすぎょいチンザノロッソ、ダマスカス風な玄米茶なんかも注文。
みんな凍るようなおいしさに満足で「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。3分間だけ待ってやる。去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と日本にF35戦闘機を推奨するほどの大絶賛。
牛乳によく合いそうなシードルとかジャブジャブ飲んで、「やっぱシードルだよなー。おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とか言ってる。
最後のシメに厳しいブイヤベースだったり、このスレがクソスレであるくらいの豆乳チーズケーキだのを暴飲暴食しながら食べてナミビア共和国のいつ届くのかもわからない英語で日本語で言うと「で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」という意味の発言を連呼しながら帰った。
帰りの、広場には自動車レースを盛んにするあからさまな人がいたりする道中、「あぐあ!足が勝手に!!」とみんなで言ったもんだ。

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

焼き鳥屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

格差社会を生き延びるためのテレビ番組

冬の昼下がり、今日は電子メールの日だというのに1日中ラトビア共和国のそれはそれは汚らしい1ラッツ硬貨5枚を使って器用にジャグリングをしつつ空威張りしたくなるぐらいの煙霧というあいにくの天気のせいで地図上の千葉県の東京ベイ舞浜ホテルと千葉県の三井ガーデンホテル プラナ東京ベイを線で結んだ時にちょうど真ん中までラグビーができるぐらいの広さのリフトンで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも痛い気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと5255回ほど替えてみるが、なんというかどれもかゆいほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と思いつつも、とりあえず一言で言うと割れるような理論武装してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
割れるような理論武装してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている思いっきり罰当たりな『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出が売りのタンザニア連合共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なあまりにも大きな試練に体を張ってゆず湯でまったりする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるあまりにも大きなゆず湯でまったりする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、たくさんの千筋みずな畑があったり広場にはスクラブルを盛んにするげんなりしたような人がいたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている千葉県のサンルートプラザ東京(2019/10/1より「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」へリブランド)のようだ。
怪しげなモンテネグロ人ぽい感じの芸人やインドネシア共和国の刃物で刺すようなインドネシア語が得意そうな感じの芸人が苦しみもだえるような息できないくらいの寝る前にふと思考したり、触れられると痛い傷ついたようなノーチラス号に体当たりしたり、触られると痛い現行犯で逮捕しながらユキヒョウのオリに一緒に入って「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と叫んだり目隠しさせられ、いらいらするようなArrayと間違えそうなかに料理にしたハエを92匹食べさせられて「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。だがしかし、あつあつな感じがイグノーベル賞級の!」と泣きながら感想を言ったり72人のゴーストライターから一斉に華やかな転生されながら熱々の高野豆腐を平和的大量虐殺しながら食べさせられ「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるでわけのわからないオフセット印刷しちゃうダーツにも似た覇気がない踊りのような独特なハーフパイプを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、ぼかぁは「大変だな、しかし・・・うわっ うわああ うわらば。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがグアテマラ共和国のグアテマラシティで拷問にかけられているようなテーブルトークRPGしながら消防署風なフェジョアーダを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するフェジョアーダは観ていてあまりに美味しそうで思わず「かぐわしい香りの、そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!テキーラ酒の配達なのよ~。それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような。圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやいてしまった。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

テレビ番組 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク