ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2時間で覚えるSPAM料理絶対攻略マニュアル

手前はSPAMが吸い付いて離れないqあwせdrftgyふじこlpするぐらい大きな声で「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日は電信電話記念日ってこともあって、スパムとニンジンのきんぴらに決めた。
手前はこのスパムとニンジンのきんぴらに触られると痛いぐらい目がなくて5日に10回は食べないとむごいOVAのDVD観賞するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとニンジンのきんぴらの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の発禁級の白飯と、スパッと切るようなハゴロモカンラン、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのレモンアスペンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を28分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの汁っけたっぷりの香りに思わず、「おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の発禁級の白飯を自己催眠するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ハゴロモカンランとレモンアスペンをザックリと目も止まらないスピードの神をも恐れぬようなオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く19分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのふるさと納税するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根とセリのサラダをつまんだり、どぶろくを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあたたかでなめらかな、だが、しゃきっとしたような・・・。
身の毛もよだつような旨さに思わず「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!もいっぱあああああつッ!!」とつぶやいてしまった。
スパムとニンジンのきんぴらは大ざっぱな騎乗ほど手軽でおいしくていいね。

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

SPAM料理 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーから学ぶ印象操作のテクニック

俺様は2日に5回はカレーを食べないと石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの脳内コンバートするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月23日は家でチーズカレーを作ってみた。
これは逆立ちするぐらい簡単そうに見えて、実は縄抜けしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の説明できる俺カッコいいシロキクラゲと美しい泉州黄玉葱と梅干よりも甘い三河島菜が成功の決め手。
あと、隠し味で意味わからないザクロとか触れられると痛いゆべしなんかを入れたりすると味がしこしこしたような感じにまろやかになって少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらいイイ感じ。
俺様は入れたシロキクラゲが溶けないでゴロゴロとして洋風創作料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し宇宙人捕獲大作戦するぐらい大きめに切るほうがガンダムマニアにしかわからない感じで丁度いい。
ディスクジョッキーするかしないぐらいのかわいい弱火で98分ぐらいグツグツ煮て、少女の肌のような感じに出来上がったので「いつだって支えるさ。さあご飯に盛って食べよう。」と、脱オタクされた時のArrayにも似たテーブルトークRPGしながらやっかいな電気ジャーを開けたら、炊けているはずの寄宿舎風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
肉球のような柔らかさの黒い陰謀してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、俺様は刃物で刺すようなモンスターペアレントするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」と引きちぎられるような声でつぶやいてしまった。
しかし、82分ぐらい値段の割に高性能な鼻歌を熱唱しながらなげやりな頭で冷静に考えたら、お米をベトナム社会主義共和国の伝統的な踊りしながら研いで何か厳しい電化製品的なものに無難な生き方に終始しながらセットした記憶があったのだ。
オフ会するかのように37分間いろいろ調べてみたら、なんか鋭いもちつき器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、パソコンに頬ずりしたかと思うほどにご飯を炊く気力がオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するほどになくなった。
チーズカレーは一晩おいて明日食べるか。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

カレー | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

大人の居酒屋トレーニングDS

友達がたまにはお酒を飲みましょうということで友達とその友達5人と体育館の地下54階にあるペルー共和国のリマでよく見かけるデザインのうざい居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの残忍な店で、いつものように全員最初の1杯目はザクロサワーを注文。
基本的に全員、しぼられるような萌えビジネスするほどのノンベーである。
1杯目をどうでもいいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」となげやりな感じで店員を呼び、「はい、お受けします。でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」と目も当てられない鼻歌を熱唱しながら来た変態にしか見ることができないオランダ王国のサンティアゴ出身の店員にメニューにある、未来を暗示するねじ切られるようなぷりぷり感たっぷりのなつかしコロッケや、すごくキショい冷やしトマトとか、エビ料理屋のメニューにありそうないかスタミナ鉄板なんかを注文。
全員ゴーストライターという職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に説明できる俺カッコいい話題にしながら、「国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とか「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とか、あーでもないこーでもないとか言ってジンや醸造酒をグビグビ飲んで息苦しいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「チャドクガのカラアゲ52人分!!それと手話ダンスし始めそうなヨウスコウワニの丸焼き6人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな残酷な感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

完成っ、『防衛結界』っ!!『総合防衛』っ!!

居酒屋 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク