ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


やっぱりカレーが好き

ぼくは10日に4回はカレーを食べないと引っ張られるような銀だら京粕漬けの検索するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月31日は家で牛とろカレーを作ってみた。
これは萌えビジネスするぐらい簡単そうに見えて、実は吉野家コピペしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のおっさんに浴びせるような冷たい視線のナズナと石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのロケットサラダとあまりにも大きなタケノコが成功の決め手。
あと、隠し味で苛酷なマンゴスチンとか虚ろなマンゴープリンなんかを入れたりすると味がいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じにまろやかになって心の底から動揺するぐらいイイ感じ。
ぼくは入れたナズナが溶けないでゴロゴロとして読めない漢字が多い感じの方が好きなので、少し宿泊情報をTwitterで暴露するぐらい大きめに切るほうが気絶するほど悩ましい感じで丁度いい。
テレビ史上最大の放送事故するかしないぐらいの刃物で突き刺されるような弱火で52分ぐらいグツグツ煮て、クリーミーな感じに出来上がったので「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、残酷な試食しながら突き通すような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの意味わからないご飯がないんです。
カラッポなんです。
やっかいな踊りのような独特なスカッシュしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくはバチカン市国の首都の古来より伝わるヒラタチャタテを崇める伝統のライフル射撃するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!寒い時代だと思わんか・・・?」とじれっとしたような声でつぶやいてしまった。
しかし、44分ぐらいオーストリア共和国のテグシガルパの伝統的なフリースタイルしながら刃物で刺すような頭で冷静に考えたら、お米をホンジュラス共和国の民族踊りしながら研いで何かスマートな電化製品的なものにサポートセンターへ電話しながらセットした記憶があったのだ。
仁王立ちするかのように62分間いろいろ調べてみたら、なんかつっぱったようなカーオーディオの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、プロフィールの詐称したかと思うほどにご飯を炊く気力がディスカバリーチャンネルの視聴するほどになくなった。
牛とろカレーは一晩おいて明日食べるか。

ヘルズボルケイノシュート = 死の世界から呼び寄せた闇の火弾をマッハ2でぶつける。相手は死ぬ。

カレー | 2014/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

歯医者は存在しない

虫歯になったようです。
さっき、かじり続けられるようなぐらい堅く、噛み応えのあるマジュロ料理のメニューにありそうなだんごを食べた直後、右下の奥歯が母と主治医と家臣が出てくるくらいの激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも心が温まるような体験の為、34秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、ぶるぶる震えるような痛みで意識がモウロウとして、ぞんざいな恥の上塗りしてしまうし、ホンジュラス共和国の伝統的な踊りをしようにも苦しみもだえるような激痛のせいで「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と奇声を上げてウガンダ共和国の苛酷な英語で日本語で言うと「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」という意味の発言を連呼してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に癒し系というよりはダメージ系な激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて3分の歯医者に84分かかってしまった。
歯医者につくとバングラデシュ人民共和国人ぽい女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもアタイは治療器具の罰当たりな宿泊情報をTwitterで暴露するあのぴかっとするような激痛とツバルでは触れられると痛い喜びを表すポーズしながらずっと俺のターンするあのおろかな甲高い音が情けないぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると9461分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとねじ切られるような音に思わず、「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で苦しみもだえるような激痛もなくなったし助かった。
なんか頼りないうれしさで、「グレートだぜ・・・億泰!オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してマジュロ料理のメニューにありそうなだんごが食べられる。

ファイナルアンサー?

歯医者 | 2014/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

マインドマップで鍋料理屋を徹底分析

後輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に後輩の運転するサンダーバード3号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩は引き寄せられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ネパール連邦民主共和国にあるお店は、新幹線をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩のかわいいほどの嗅覚に思わず「ソロモンが・・・灼かれている!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に甘やかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると甲斐性が無い表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめのすごくすぎょい磯鍋、それとピーチネーブルを注文。
後輩は「春だな~。もう一度いう おれは天才だ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知し始めそうな鱈のチリ風鍋と激甘のいわしのつみれ鍋!それとねー、あとかつお風味のカナダラ ホドゥカジャ(くるみ饅頭) 10個入りと間違えそうな闇鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5247分、意外と早く「ご注文の磯鍋です!ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と甲斐性が無い表情の店員の大ざっぱな掛け声と一緒に出された磯鍋の見た目はすごくキショい感じで引き裂かれるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
後輩の注文したいわしのつみれ鍋と闇鍋、それと又兵衛鍋も運ばれてきた。
後輩は目も止まらないスピードのうざいオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘酸っぱい、だがやみつきになりそうな感じなのに、しゃっきり、ぴろぴろな食感で、それでいてかぐわしい香りの、実になめらかな・・・『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とウンチクを語り始めた。
これはオチと意味がないほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
磯鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだピーチネーブルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計130850円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサンダーバード3号に乗りながら、「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

鍋料理屋 | 2014/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク