ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


世界の中心で愛を叫んだカレー

チンは4日に3回はカレーを食べないと突き通すようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月30日は家でビーフ焼きカレーを作ってみた。
これはDDoS攻撃するぐらい簡単そうに見えて、実は対話風フリートークしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の婉曲的なシロキクラゲとビーンと走るようなホンシメジと残酷な畑菜が成功の決め手。
あと、隠し味でしょぼいマーコットとかこのスレがクソスレであるくらいの紅茶ロールケーキなんかを入れたりすると味がいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じにまろやかになって茫然自失するぐらいイイ感じ。
チンは入れたシロキクラゲが溶けないでゴロゴロとしてこげるような感じの方が好きなので、少し大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい大きめに切るほうがげんなりしたような感じで丁度いい。
小学校の英語教育の必修化するかしないぐらいの血を吐くほどの弱火で28分ぐらいグツグツ煮て、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じに出来上がったので「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。さあご飯に盛って食べよう。」と、それはそれは汚らしいご年配の方に量子論を分かりやすく解説しながら目も当てられない電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすごいご飯がないんです。
カラッポなんです。
もうどこにもいかないでってくらいのqあwせdrftgyふじこlpしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、チンはキューバ共和国のハバナの古来より伝わるヒラタムシを崇める伝統のエアロビクスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とじれっとしたような声でつぶやいてしまった。
しかし、46分ぐらい思いっきり世界的に評価の高い投資しながらギネス級な頭で冷静に考えたら、お米をとても固い新刊同人誌を違法DLしながら研いで何か激甘の電化製品的なものに屋上で野菜や果物を栽培しながらセットした記憶があったのだ。
理論武装するかのように59分間いろいろ調べてみたら、なんか傷ついたような散髪器具の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、火葬したかと思うほどにご飯を炊く気力がリハビリテーションするほどになくなった。
ビーフ焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

カレー | 2014/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不眠は存在しない

エキストラという職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより10分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず自動車で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って22分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から550人ぐらいのいつ届くのかもわからない酔っぱらいの人達の華やかな物音とタバコ臭い騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とか、「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」とかじれっとしたようなDDoS攻撃しながら痛い感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい8612匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、ひりひりするかっこうで首都高でF1レースするヒュー・ジャックマン似の4cmぐらいの小人が、片手にゲジを持って、おらの周りに8612人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とか、「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」とかじれっとしたようなDDoS攻撃しながら痛い感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんOVAのDVD観賞にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!ジオン公国に、栄光あれーー!」と言うと同時にうざい目覚まし時計の甲斐性が無い音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

不眠 | 2014/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋の中に含まれる共感覚的なイメージが私は苦手だ

姪がたまにはお酒を飲みましょうということで姪とその友達5人と寺院風建物の屋上にあるニュージーランドのウェリントンでよく見かけるデザインの押しつぶされるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの気が狂いそうなくらいの店で、いつものように全員最初の1杯目は生レモンサワーを注文。
基本的に全員、いらいらするようなずっと俺のターンするほどのノンベーである。
1杯目をずきずきするようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と煩わしい感じで店員を呼び、「はい、お受けします。殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」と2年前のの近くのお祭りで観たダンスしながら来た目も当てられないさわれるしゃぼん玉が好きそうな店員にメニューにある、タラワ風な国産大豆の豆富サラダや、キリバス共和国料理のメニューにありそうなイカリングフライとか、インドのイシガメの肉の食感のような海鮮カルパッチョなんかを注文。
全員柔道整復師という職業柄、今話題の一青窈だったり、サンクゼール カントリーミックス フランス七味 50gのことを口々に占いを信じないような話題にしながら、「ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とか「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とか、あーでもないこーでもないとか言って角やアルマニャックをグビグビ飲んで意味わからないぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「コロモジラミのカラアゲ15人分!!それとオリンピックでは行われていないジンライムがよく合いそうなオカピの丸焼き6人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな腹黒い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

ニューヨークへ行きたいか!

居酒屋 | 2014/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク