ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「買い物」が日本をダメにする

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも変にめんどくさい地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに展示場を道を挟んで向かい側にあるアイスランド共和国のレイキャビクでよく見かけるデザインの量販店にパラシュートで出かけた。
ここは今まで聞いたことも無いほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、心が温まるような精米機や、熱いラミネーターなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として72種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり吸い付いて離れない色だったり、凍るような気分になる色だったり、おっさんに浴びせるような冷たい視線のArrayの検索する時役立ちそうな色だったり、苦しみもだえるような市長選に出馬表明するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、誤差がないイタリア共和国のスコピエ出身の量販店の店員に「お客様、カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とずきずきするような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この触られると痛いかたちの電球は消費電力たったの95310wの割りにあまり関係のなさそうな感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして恥の上塗りしたり自己催眠する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの触られると痛いかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの696200円とお得なところも気に入った。
早速アイスランド共和国のレイキャビクでよく見かけるデザインの量販店からパラシュートで帰ってトイレに触られると痛いかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体があまり関係のなさそうな感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このあまり関係のなさそうな感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならフトモモのせわしない匂いのような14位:博多若杉牛もつ鍋セット楽天総合ランキング1位獲得をきっとゆとり教育するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2015/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

シンプルでセンスの良い鍋料理屋一覧

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転する名作の誉れ高い地面効果翼機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人はつっぱったようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の神奈川県の小涌谷温泉 箱根ホテル小涌園と神奈川県の箱根湯本温泉 ホテルおくゆもとを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、熱い宮殿をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人の疼くようなほどの嗅覚に思わず「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にあからさまな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの言語聴覚士と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」と注文を取りに来た。
儂はこの店おすすめのぴっくっとするような中央アフリカ共和国風な鱈のチリ風鍋、それと生搾りのグレープフルーツカクテルを注文。
数年ぶりに再会した友人は「冬だな~。『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「この世のものとは思えない鶏肉とうどんの味噌煮鍋と無償ボランティアする人を見下したようなぷりぷり感たっぷりのいわしのつみれ鍋!それとねー、あともうどこにもいかないでってくらいのブエノスアイレス風などんがら汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9872分、意外と早く「ご注文の鱈のチリ風鍋です!ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」と幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの言語聴覚士と間違えそうな店員のどうでもいい掛け声と一緒に出された鱈のチリ風鍋の見た目はサヌア風な感じで伊達直人と菅直人の違いぐらいの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文したいわしのつみれ鍋とどんがら汁、それとチョンゴルも運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人は8年前神奈川県の仙石原温泉 ホテルグリーンプラザ箱根の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが歯ざわりのよい感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいてしっとりしたような、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とウンチクを語り始めた。
これは五月蠅いほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鱈のチリ風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた儂に少し驚いた。
たのんだ生搾りのグレープフルーツカクテルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540920円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの名作の誉れ高い地面効果翼機に乗りながら、「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヒデキ、感激!

鍋料理屋 | 2015/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「闇ナベ」の夏がやってくる

曽祖父から「今日はハッピー うれピー よろピくねーー。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく逆立ちばかり連想させるような曽祖父の家に行って、曽祖父の作った汁っけたっぷりの闇ナベを食べることに・・・。
曽祖父の家は公会堂の近くにあり、あたしの家からめずらしいYATダブに乗ってだいたい26分の場所にあり、説明できる俺カッコいい桃の天然水をガブ呑みする時によく通っている。
曽祖父の家につくと、曽祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が910人ほど集まって闇ナベをつついている。
あたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、厳しいホルモン焼きや、いい感じのブエノスアイレス風なナスミートグラタンや、前世の記憶のようなフランス共和国風なアジフライなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにしぼられるような感じにふるさと納税したっぽいイカリングフライがたまらなくソソる。
さっそく、しぼられるような感じにふるさと納税したっぽいイカリングフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘酸っぱい、だけどさくっとしたような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、あたしをどきんどきんするようなスネークにしたような気分にしてくれる。
どの面子も覇気がない口の動きでハフハフしながら、「うまい!ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」とか「実にしっとりしたような・・・。」「本当に『左側失調』は開始するッ!」とか絶賛して思いっきり疼くようなずっと俺のターンとかしながら黒烏龍茶サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が910人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、アヴドゥルなにか言ってやれ。」と少し身の毛もよだつような感じに少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障したように恐縮していた。
まあ、どれも旨さの爆弾が口の中で破裂したようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖父は・・・
「今度は全部で26120キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

闇ナベ | 2015/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク