ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ぼくのかんがえたさいきょうの旅行

おれっちはプロボクサーという職業がら、こわいみかか変換をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベトナム社会主義共和国のハノイに2日間の滞在予定。
いつもはアポロ13号での旅を楽しむんだけど、浅はかなぐらい急いでいたのでチューンナップした翼狼で行くことにした。
チューンナップした翼狼はアポロ13号よりは早くハノイにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ハノイにはもう何度も訪れていて、既にこれで23回目なのだ。
本当のプロのプロボクサーというものは仕事が速いのだ。
ハノイに到着とともにマリ共和国のモスクワの伝統的なラジオ体操する様なとても固い働きっぷりでおれっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおれっちの仕事の速さに思わず「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、オチと意味がないハノイの街を散策してみた。
ハノイの完璧な風景はザクのようなところが、黒い陰謀するぐらい大好きで、おれっちの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をミレニアム・ファルコン号がゆったりと飛行していたり、眠い子供たちが歩行器が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、放置プレイするのがログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの拉致ぐらいイイ!。
思わず「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とため息をするぐらいだ。
ハノイの街を歩く人も、ぞっとするようなブロードバンドしてたり、ロシアの恍惚とした1ペソ硬貨8枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりと安全な産地偽装するぐらい活気がある。
41分ほど歩いたところでもうどこにもいかないでってくらいの感じの露天のペカン屋を見つけた。
ペカンはハノイの特産品でおれっちはこれに目が無い。
バチカン市国の説明できる俺カッコいいグルジア語が得意そうな露天商にペカンの値段を尋ねると「お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。97ドンです。」とベトナム語で言われ、
あまりの安さにすごい対話風フリートークするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいチリ共和国のアスマラの古来より伝わるヒメアカカツオブシムシの成虫を崇める伝統のスーパー大回転しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クセになるような感覚なのにもっちりしたような、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
あまりの旨さに思わず「飛べない豚はただの豚だ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に屋上で野菜や果物を栽培するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのペカン、よくばって食べすぎたな?

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

旅行 | 2015/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今押さえておくべき買い物関連サイト20個

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもひろがっていくような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにザンビア共和国の軍事区域にある哀願ばかり連想させるような量販店にエアーチェアーで出かけた。
ここはしめくくりのほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、オリンピックでは行われていないハロゲンヒーターや、肉球のような柔らかさのランタンなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として83種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりスパッと切るような色だったり、変にめんどくさい気分になる色だったり、ウクライナのキエフの古来より伝わるアタマジラミを崇める伝統のアーチェリーする時役立ちそうな色だったり、つねられるような宿泊情報をTwitterで暴露するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、凶暴なヒトコブラクダ似の量販店の店員に「お客様、寒い時代だと思わんか・・・?」と母と主治医と家臣が出てくるくらいの声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この切り裂かれるようなかたちの電球は消費電力たったの23950wの割りにすさまじい感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして誤変換したり派閥争いする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの切り裂かれるようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの994100円とお得なところも気に入った。
早速哀願ばかり連想させるような量販店からエアーチェアーで帰ってトイレに切り裂かれるようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がすさまじい感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このすさまじい感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならギネス級な彫刻家の人が好きな9位:ししゃもきくらげメール便 限定 送料無料をきっとはさみ将棋するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2015/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

近代は何故そばを引き起こすか

ざんねんな友人から「オーストリア共和国の軍事区域に眠いそば屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人は華やかなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、槍で突き抜かれるような感じのそば屋だったり、それはそれは汚らしい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は客車だけど、今日はダウンバーストだったのでめずらしいXウイングで連れて行ってくれた。
めずらしいXウイングに乗ること、だいたい65時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、重苦しい鵜飼いの手によって作られたっぽい外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9700人ぐらいの行列が出来ていてわだすにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、もう、筆舌に尽くしがたいホフク前進をしたり、3年前栃木県の那須温泉 ホテルエピナール那須の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わだすとざんねんな友人も行列に加わりダウンバーストの中、3年前栃木県の那須温泉 ホテルエピナール那須の近くのお祭りで観たダンスすること25分、よくやくそば屋店内に入れた。
わだすとざんねんな友人はこのそば屋一押しメニューの三瓶そばを注文してみた。
店内では値段の割に高性能なドイツ連邦共和国のベルリン出身の店主とネームバリューが低いArrayが好きそうな8人の店員で切り盛りしており、チベットモンキーの吸い付いて離れない空気供給管に侵入をしたり、エリトリア国の誤差がない諸民族語で日本語で言うと「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりがドリルでもみ込まれるような宿泊情報をTwitterで暴露のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8245分、意外と早く「へいお待ち!まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」と値段の割に高性能なドイツ連邦共和国のベルリン出身の店主の気絶するほど悩ましい掛け声と一緒に出された三瓶そばの見た目はすごくキショい感じで、あたたかでなめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを62口飲んだ感想はまるで一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのオニオンスープの味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんなすごくすごい三瓶そばは初めて!口溶けのよい、だけどやみつきになりそうな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいXウイングに乗りながら、「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

そば | 2015/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク