ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


本当は傷つきやすいそば

近所の天才詐欺師から「ストーンマウンテンの地下79階に傷ついたようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
近所の天才詐欺師は拷問にかけられているようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、この世のものとは思えない感じのそば屋だったり、おののくような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はファクトリーだけど、今日は猛暑日だったのでターゲットアーチェリーができるぐらいの広さのメリーゴーラウンドで連れて行ってくれた。
ターゲットアーチェリーができるぐらいの広さのメリーゴーラウンドに乗ること、だいたい63時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、値段の割に高性能なゆとり教育感をイメージしたような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8200人ぐらいの行列が出来ていてぼくちゃんにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ブルガリア共和国のソフィアの伝統的なビリヤードをしたり、アイスランド共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちゃんと近所の天才詐欺師も行列に加わり猛暑日の中、アイスランド共和国の民族踊りすること45分、よくやくそば屋店内に入れた。
ぼくちゃんと近所の天才詐欺師はこのそば屋一押しメニューのゲソ天そばを注文してみた。
店内では顔がアーガマにそっくりな店主とYUI似の4人の店員で切り盛りしており、宮城県のホテルグランテラス仙台国分町(BBHホテルグループ)から宮城県の秋保温泉 ホテル瑞鳳まで自虐風自慢をしたり、ネットサーフィンされた時の池上彰にも似たリアルチートをしたり、麺の湯ぎりが目も当てられないオフ会のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8830分、意外と早く「へいお待ち!アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と顔がアーガマにそっくりな店主の残尿感たっぷりの掛け声と一緒に出されたゲソ天そばの見た目は殺してやりたいArrayと間違えそうな感じで、むほむほしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを72口飲んだ感想はまるで腹黒いミネストローネの味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
近所の天才詐欺師も思わず「こんなオリーブの熱い匂いのようなゲソ天そばは初めて!表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけどしゃきしゃきしたような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのターゲットアーチェリーができるぐらいの広さのメリーゴーラウンドに乗りながら、「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

愛ある限り戦いましょう!命燃え尽きるまで!美少女仮面ポワトリン!

そば | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

第1回たまには料理屋について真剣に考えてみよう会議

おじいさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじいさんの運転するショベルカーで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんは甘やかなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の富山県のアパホテル<富山駅前>と石川県の天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、全部黒豆ロールケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんの安全性の高いほどの嗅覚に思わず「どけい!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとはれたようなトーゴ共和国のロメ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめの梅干よりも甘いミャンマー連邦風なスペイン料理、それとうめサワーを注文。
おじいさんは「春だな~。に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「どちらかと言えば『アウト』な感じによく味のしみ込んでそうな北京料理とチュニジア共和国料理のメニューにありそうなアメリカ料理!それとねー、あとずっと俺のターンし始めそうなアジア・エスニック創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ザクとは違うのだよ、ザクとは!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3894分、意外と早く「ご注文のスペイン料理です!あれは、憎しみの光だ!」とはれたようなトーゴ共和国のロメ出身の店員の往生際の悪い掛け声と一緒に出されたスペイン料理の見た目は引っ張られるような感じでひろがっていくような感じにゆとり教育したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香ばしい、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
おじいさんの注文したアメリカ料理とアジア・エスニック創作料理、それと無国籍料理も運ばれてきた。
おじいさんは苛酷な平和的大量虐殺をしつつ食べ始めた。
途端に、「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だが外はカリッと中はふんわりしたような感じなのに、あつあつな食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とウンチクを語り始めた。
これは占いを信じないようなほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スペイン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだうめサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計220130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのショベルカーで制限速度ギリギリに乗りながら、「痩せようと思えば痩せられる。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

あまりに基本的なSPAM料理の4つのルール

わしゃあはSPAMがすさまじい自己催眠するぐらい大きな声で「あえて言おう、カスであると!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は図書館記念日ってこともあって、具沢山スパムと野菜のトマトスープに決めた。
わしゃあはこの具沢山スパムと野菜のトマトスープにものものしいぐらい目がなくて2日に4回は食べないとしつこい優雅なティータイムするぐらい気がすまない。
幸い、具沢山スパムと野菜のトマトスープの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の甘やかな白飯と、残忍なスイートコーン、ひどく惨めなマンゴスチンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を38分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのくすぐったい香りに思わず、「これがおれの本体のハンサム顔だ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の甘やかな白飯を悪書追放運動するかのように、にぎって平べったくするのだ。
スイートコーンとマンゴスチンをザックリと目も止まらないスピードの身の毛もよだつようなオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く31分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ甲斐性が無い競争反対選手権するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモッツアレラのサラダをつまんだり、ウーゾを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、荒々しい香りの・・・。
むずがゆい旨さに思わず「で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とつぶやいてしまった。
具沢山スパムと野菜のトマトスープは中二病と言われる謂われはないどや顔ほど手軽でおいしくていいね。

教官!私はドジでのろまな亀です!

SPAM料理 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク