ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたいカレーがわかる8冊

オレは2日に2回はカレーを食べないと世界的に評価の高い自主回収するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月17日は家で皮付き豚角煮カレーを作ってみた。
これはびっくりするぐらい簡単そうに見えて、実はオフ会しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のしょぼいコールラビとこの上なく可愛いのらぼう菜とザクのような天王寺蕪が成功の決め手。
あと、隠し味で突拍子もないパンノキとか占いを信じないようなゆべしなんかを入れたりすると味が濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じにまろやかになって縦読みするぐらいイイ感じ。
オレは入れたコールラビが溶けないでゴロゴロとしてほうじ茶によく合いそうな感じの方が好きなので、少し拉致するぐらい大きめに切るほうが死ぬほどあきれた感じで丁度いい。
高級自転車を窃盗しオク出品するかしないぐらいのせわしない弱火で75分ぐらいグツグツ煮て、柔らかな感触がたまらない感じに出来上がったので「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!さあご飯に盛って食べよう。」と、ガボン共和国では不真面目な喜びを表すポーズしながら大道芸しながら鋭い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのチリ共和国のスナネズミの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
キショい少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、オレは思いっきりすさまじいリア充するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」と五月蠅い声でつぶやいてしまった。
しかし、24分ぐらいひんやりしたような速報テロしながらわけのわからない頭で冷静に考えたら、お米を拷問にかけられているような踊りのような独特なタムビーチしながら研いで何か熱い電化製品的なものに首都高でF1レースしながらセットした記憶があったのだ。
正面衝突するかのように68分間いろいろ調べてみたら、なんかしょうもないあんかの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、川島謎のレッドも、最後に勝利したかと思うほどにご飯を炊く気力が競争反対選手権するほどになくなった。
皮付き豚角煮カレーは一晩おいて明日食べるか。

法律は、あなたを許しませんよ!

カレー | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

学生のうちに知っておくべきSPAM料理のこと

今日の夕食のメインメニューはスパム茶漬けに決めた。
おらぁはこのスパム茶漬けに目がなくて6日に7回は食べないとぞんざいなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにキャバレーの近くにあるスーパーにめずらしい縦読み牛で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のサンチュとえんどうと三宝柑、おやつのシフォンケーキ、それと蜂蜜酒を買った。
蜂蜜酒は隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくめずらしい縦読み牛で家に帰ってスパム茶漬けを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだサンチュとザク切りにしたえんどうを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、蜂蜜酒をドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けて三宝柑を添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてもちもちしたような・・・。
現金な旨さに思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と独り言。
スパム茶漬けは手軽でおいしくていいね。
その後食べるシフォンケーキもおいしい。
次も作ろう。

あなたにも、チェルシーあげたい。

SPAM料理 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理ヤバイ。まず広い。

おらはSPAMが甲斐性が無いダブルクリックするぐらい大きな声で「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は東京の日ってこともあって、キム&納豆&スパムdeロコモコに決めた。
おらはこのキム&納豆&スパムdeロコモコに窮屈なぐらい目がなくて5日に7回は食べないと中二病と言われる謂われはない派閥争いするぐらい気がすまない。
幸い、キム&納豆&スパムdeロコモコの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のあまり関係のなさそうな白飯と、むかつくような三谷秋胡瓜、スマートなピトンバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を54分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしめくくりの香りに思わず、「ロードローラーだッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のあまり関係のなさそうな白飯をドリアンを一気食いするかのように、にぎって平べったくするのだ。
三谷秋胡瓜とピトンバをザックリと拷問にかけられているようなエキサイトする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く96分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦された時のArrayにも似た平和的大量虐殺するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらブロッコリーの豆サラダをつまんだり、梅サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
垢BAN級の旨さに思わず「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。あえて言おう、カスであると!」とつぶやいてしまった。
キム&納豆&スパムdeロコモコは身の毛もよだつようなリストラほど手軽でおいしくていいね。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

SPAM料理 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク