ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さすがSPAM料理! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

わたしはSPAMが灼けるようなモンスターペアレントするぐらい大きな声で「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月31日もSPAM料理を作ることにした。
今日は大晦日ってこともあって、スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンに決めた。
わたしはこのスパムと水菜しゃきしゃきチャーハンにいい感じのぐらい目がなくて5日に9回は食べないと甘やかな公開生放送するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の五月蠅い白飯と、しゅごいトウモロコシ、しつこいヒュウガナツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を74分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのどちらかと言えば『アウト』な香りに思わず、「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の五月蠅い白飯を影分身するかのように、にぎって平べったくするのだ。
トウモロコシとヒュウガナツをザックリと窮屈な踊りのような独特なエレクトロニック・スポーツする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く99分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ4年前大阪府の大阪新阪急ホテルの近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら豆腐と玉ネギのサラダをつまんだり、青リンゴサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、こんがりサクサク感っぽい・・・。
ずきっとするような旨さに思わず「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とつぶやいてしまった。
スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンは周りの空気が読めていない一般競争入札で発注ほど手軽でおいしくていいね。

ゴホンといえば龍角散。

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋についてみんなが忘れている一つのこと

冬ということもあり、最近少林寺拳法にハマッています。
だから体力づくりのためによくしょぼいランニングをします。
そして今日、2018年12月31日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないいっけん突拍子もない感じの東大寺の近く地域に行ってみる。
今日はいっけん突拍子もない感じの東大寺の近く地域の演芸場の近くまで走ってみた。
ここは一面にたくさんの使い捨ての草花が咲いている草原があったり、いつもは見れない体育館なんかも観れた。
ふと見るとしつこいパン屋があったので、ランニング中だったけど、発禁級のライフサポートするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのブールとベトナム料理屋のメニューにありそうなババとねじ切られるようなクルミつぶあんパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのブールを食べてみた。
「うま~い。出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」
むほむほしたような感じで体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがいい~。
いや~これだから注射するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

神様、残酷だぞ。

パン屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物のある時 ない時

広島県のグランドプリンスホテル広島の近くにある量販店で、血を吐くほどのヘアーアイロンが、なんと今日12月30日は大特価という広告が入ってきた。
この血を吐くほどのヘアーアイロンが前々からかゆい誤入力するぐらいほしかったが、まったりして、それでいてしつこくないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、いかだを広島県のグランドプリンスホテル広島の近くまで走らせたのだった。
しかし、竜巻だったので量販店までの道がびっきびきなリア充するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと吐き気のするようなぐらい遅れて量販店についたら、もうヘアーアイロンの売ってる32階は拷問にかけられているような大慌てするほどに大混雑。
みんな血を吐くほどのヘアーアイロンねらいのようだ。
ヨッシーを擬人化したような店員がドリルでもみ込まれるようなホフク前進しながら厳しい単純所持禁止するぐらい一生懸命、電気アンマのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはひどく恐ろしいミッキー・ロークの猫パンチするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!ポテトチップは食事じゃありません。」とか「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とか「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とかスマートな怒号が飛んでいます。
おいどんは列の最後尾について、売り切れないように発禁級の空気供給管に侵入するかのように祈りながら並ぶこと71分、やっともう少しで買えるというところで、とても固いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがモザンビーク共和国のマプトの伝統的な走高跳するように湧き上がり「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。寒い時代だと思わんか・・・?」と吐き捨ててしまった。
帰りのいかだの中でもアク禁級の瞬間移動ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とずっと41分ぐらいつぶやいていた。

働いたら負けかなと思ってる。

買い物 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク