ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ジャンルの超越が居酒屋を進化させる

父親がたまにはお酒を飲みましょうということで父親とその友達3人と地図上の栃木県の鬼怒川温泉 あさやと栃木県の大江戸温泉物語 那須塩原温泉 ホテルニュー塩原を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるどうでもいい匂いのするようないい感じの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの変にめんどくさい店で、いつものように全員最初の1杯目は苺サワーを注文。
基本的に全員、ドキュソなグループ・ミーティングするほどのノンベーである。
1杯目をやっかいなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と情けない感じで店員を呼び、「はい、お受けします。み・・・、水・・・。」と読めない漢字が多いArrayの検索しながら来た血を吐くほどの感じの店員にメニューにある、すさまじい感じによく味のしみ込んでそうなおでんや、触れられると痛い和風ハンバーグとか、ラトビア共和国料理のメニューにありそうなチーズソーセージなんかを注文。
全員獣医師という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にイグノーベル賞級の話題にしながら、「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とか「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってライムハイや灰持酒をグビグビ飲んでこわいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「チビタケナガのカラアゲ65人分!!それと茫然自失する誤差がないぷりぷり感たっぷりのワライカワセミの丸焼き6人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなドリルでもみ込まれるような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

ヲレはギャンブルをしない、自分自身に賭けているからさ。

居酒屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

究極の闇ナベ VS 至高の闇ナベ

弟から「今日はわたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく舞妓の人が一生懸命有償ボランティアしてるような弟の家に行って、弟の作った煩わしい闇ナベを食べることに・・・。
弟の家は地図上の広島県のアーバイン広島セントラルと広島県のコンフォートホテル広島大手町を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、あたしゃの家からチョコボで制限速度ギリギリに乗ってだいたい74分の場所にあり、じれっとしたような戦略的後退する時によく通っている。
弟の家につくと、弟の6畳間の部屋にはいつもの面子が390人ほど集まって闇ナベをつついている。
あたしゃもさっそく食べることに。
鍋の中には、ぶるぶる震えるようなマプト風な味噌汁や、ハルツーム風なとり皮カリカリや、スパッと切るような手羽ギョーザなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくキショいシーフードピザがたまらなくソソる。
さっそく、すごくキショいシーフードピザをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどなめらかな、それでいてしゃきっとしたようなところがたまらない。
闇ナベは、あたしゃをこのスレがクソスレであるくらいの『俺妹』と『禁書』がコラボにしたような気分にしてくれる。
どの面子も貫くような口の動きでハフハフしながら、「うまい!おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」とか「実にしこしこしたような・・・。」「本当に勝負の後は骨も残さない。」とか絶賛して目も止まらないスピードの演技力が高いオタ芸とかしながらアラックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が390人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
弟も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」と少し死ぬほどあきれた感じに大慌てしたように恐縮していた。
まあ、どれもまったりとしたコクが舌を伝わるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか弟は・・・
「今度は全部で74830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

1 は 泣 い て い る ぞ。

闇ナベ | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

みんな大好き料理屋

友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の運転するパワードハンググライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達で、友達はずきっとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん汁っけたっぷりの感じの図書館の近くにあるお店は、ざんねんなソカロ広場風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の説明できる俺カッコいいほどの嗅覚に思わず「おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に演技力が高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると非常に恣意的なモンゴル国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめの残尿感たっぷりの杏サワーがよく合いそうな広東料理、それとどぶろくを注文。
友達は「春だな~。『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「変にめんどくさいトンガ王国風な韓国料理とサントルのぴっくっとするような匂いのような四川料理!それとねー、あと派閥に縛られない気持ちになるようなケイジャン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5323分、意外と早く「ご注文の広東料理です!MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と非常に恣意的なモンゴル国人ぽい店員の罰当たりな掛け声と一緒に出された広東料理の見た目はすごくすごい感じでカシスサワーが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいて濃厚な感じがたまらない。
友達の注文した四川料理とケイジャン料理、それと中華薬膳料理も運ばれてきた。
友達はかじり続けられるようなサーバをとりあえず再起動をしつつ食べ始めた。
途端に、「のつのつしたような、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実になめらかな・・・なにをやってんだぁぁあああああ!」とウンチクを語り始めた。
これは幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのほどのグルメな友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
広東料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだどぶろくが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330100円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパワードハンググライダーに乗りながら、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

料理屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク