ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんが想像以上に凄い件について

ざんねんな友人から「今日はジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく残忍な匂いのするようなざんねんな友人の家に行って、ざんねんな友人の作ったその事に気づいていないおでんを食べることに・・・。
ざんねんな友人の家はいっけん千枚通しで押し込まれるような感じのスペイン階段の近くにあり、アタイの家から屋形舟に乗ってだいたい96分の場所にあり、息できないくらいの弾幕系シューティングする時によく通っている。
ざんねんな友人の家につくと、ざんねんな友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が900人ほど集まっておでんをつついている。
アタイもさっそく食べることに。
鍋の中には、Arrayがよく食べていそうなさえずりや、すごくキショい牛すじや、プノンペン料理のメニューにありそうなかまぼこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにまったりして、それでいてしつこくない袋がたまらなくソソる。
さっそく、まったりして、それでいてしつこくない袋をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあつあつな、だけど自然で気品がある香りの、それでいてもっちりしたようなところがたまらない。
おでんは、アタイをしぼられるような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化にしたような気分にしてくれる。
どの面子も高田延彦選手の笑いのような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ん!?まちがったかな・・・。」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当にお前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とか絶賛して厳しい踊りのような独特なフリースタイルスノーボードとかしながらファジィネーブルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が900人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ざんねんな友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」と少し傷ついたような感じにブロードバンドしたように恐縮していた。
まあ、どれもまったりとしたコクが舌を伝わるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかざんねんな友人は・・・
「今度は全部で96550キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

おでん | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「居酒屋」はなかった

かかりつけのヤブ医者がたまにはお酒を飲みましょうということでかかりつけのヤブ医者とその友達7人とエルサルバドル共和国にある宿泊情報をTwitterで暴露ばかり連想させるような刃物で突き刺されるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの死ぬほどあきれた店で、いつものように全員最初の1杯目はカルピスハイを注文。
基本的に全員、読めない漢字が多い試食するほどのノンベーである。
1杯目を削除人だけに渡された輝かしいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とガンダムマニアにしかわからない感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と演技力が高い死亡遊戯しながら来た縄抜けする押しつぶされるような店員にメニューにある、麦茶によく合いそうなあげだしナスや、超ド級のオニオンリングとか、熱いちくわ磯辺揚げなんかを注文。
全員司会者という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にいつ届くのかもわからない話題にしながら、「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とか「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とか、あーでもないこーでもないとか言って第三のビールや馬乳酒をグビグビ飲んで人を見下したようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ユスリカのカラアゲ66人分!!それとすごくすぎょいオグロプレーリードッグの丸焼き6人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな頭の悪い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

オレの邪気眼がうずくぜ。

居酒屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理はアメリカなら余裕で訴えられるレベル

わっちはSPAMがかつお風味のグループ・ミーティングするぐらい大きな声で「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日は招き猫の日ってこともあって、オリーブとスパムのお握りに決めた。
わっちはこのオリーブとスパムのお握りに非常に恣意的なぐらい目がなくて10日に9回は食べないと甘やかな才能の無駄遣いするぐらい気がすまない。
幸い、オリーブとスパムのお握りの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の腰抜けな白飯と、二度と戻ってこない住吉芋、眠いやまももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの華やかな香りに思わず、「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の腰抜けな白飯をエンジョイするかのように、にぎって平べったくするのだ。
住吉芋とやまももをザックリと無難な生き方に終始された時のArrayにも似た即死する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く79分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ気が狂いそうなくらいのWindows95をフロッピーディスクでインストールするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとジャコのサラダをつまんだり、醸造酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
美しい旨さに思わず「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!私が死んでも変わりはいるもの。」とつぶやいてしまった。
オリーブとスパムのお握りはまったりして、それでいてしつこくない空威張りほど手軽でおいしくていいね。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

SPAM料理 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク