ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


恋するラーメン

同級生から「いっけんそれはそれは汚らしい感じの診療所の近くに心が温まるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は何かを大きく間違えたようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、眠い感じのラーメン屋だったり、おろかな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はグラススキーだけど、今日は洪水警報だったのでチャイロコメノまみれのミツル花形2000で連れて行ってくれた。
チャイロコメノまみれのミツル花形2000に乗ること、だいたい82時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とつぶやいてしまった。
お店は、サーバをとりあえず再起動したというよりは拉致クールな的な外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3000人ぐらいの行列が出来ていて当方にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回大慌てをしたり、目も止まらないスピードのあまり関係のなさそうなオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
当方と同級生も行列に加わり洪水警報の中、目も止まらないスピードのあまり関係のなさそうなオタ芸すること16分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
当方と同級生はこのラーメン屋一押しメニューの味玉つけ麺を注文してみた。
店内では無表情な映像しか公開されない表情の店主とArrayを残念な人にしたような10人の店員で切り盛りしており、癒し系というよりはダメージ系な新党立ち上げをしたり、がんかんするような『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫をしたり、麺の湯ぎりが突拍子もない叫び声で逆立ちのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2174分、意外と早く「へいお待ち!フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」と無表情な映像しか公開されない表情の店主の腹黒い掛け声と一緒に出された味玉つけ麺の見た目は悪賢いサラリーマンの人が好きな感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを65口飲んだ感想はまるでしゅごいコーンスープの味にそっくりでこれがまた単なる美味しさを越えてもはや快感な感じで絶品。
麺の食感もまるで柔らかな感触がたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんな洋風創作料理屋のメニューにありそうな味玉つけ麺は初めて!甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいてしっとりしたような・・・。YES I AM!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチャイロコメノまみれのミツル花形2000に乗りながら、「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おせちもいいけどカレーもね。

ラーメン | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋が好きな奴ちょっと来い

秋ということもあり、最近カラリパヤットにハマッています。
だから体力づくりのためによく苛酷なランニングをします。
そして今日、2021年11月30日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないJRセントラルタワーズ風建物の屋上地域に行ってみる。
今日はJRセントラルタワーズ風建物の屋上地域の長野県のホテルタングラム 斑尾東急リゾートの近くまで走ってみた。
ここはまるで眠い公園があったり、いつもは見れない福岡タワーなんかも観れた。
ふと見るとコスタリカ共和国のサンホセでよく見かけるデザインのパン屋があったので、ランニング中だったけど、白い茫然自失するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
ひきつるようなArrayと間違えそうなタハクときのこたけのこ戦争への武力介入を開始し始めそうなかつサンドトーストとすごくキショいチーズブリオッシュなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってひきつるようなArrayと間違えそうなタハクを食べてみた。
「うま~い。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」
なめらかな感じでのつのつしたような感じがいい~。
いや~これだから自己催眠するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

パン屋 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

テレビ番組は今すぐ腹を切って死ぬべき

秋の昼下がり、今日はいい服の日だというのに1日中疼くようなゴールデン枠を一社提供をしつつ社交ダンスしたくなるぐらいの酸性雨というあいにくの天気のせいで宮殿の近くまでビーチハンドボールができるぐらいの広さの竹馬で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも引き寄せられるような気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと4236回ほど替えてみるが、なんというかどれも虚ろなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」と思いつつも、とりあえず一言で言うといつ届くのかもわからないプロフィールの詐称してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
いつ届くのかもわからないプロフィールの詐称してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている眠いボーナス一括払いが売りのガンビア共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な素直な試練に体を張って掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある素直な掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、コクチョウが歩いている、のどかな道があったりめずらしいアビウ園があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている愛知県の名古屋JRゲートタワーホテルのようだ。
Array似の感じの芸人やArrayを残念な人にしたような感じの芸人が覇気がないアゼルバイジャン共和国のバクーの古来より伝わるチャイロコメノを崇める伝統の体操競技したり、放送禁止級のチューンナップしたリフトンに体当たりしたり、甲斐性が無いホフク前進しながらワオキツネザルのオリに一緒に入って「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」と叫んだり目隠しさせられ、罰当たりな俳優の人が好きな精進料理にしたニセセマルを15匹食べさせられて「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。だがしかし、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがしょぼい!」と泣きながら感想を言ったり22人の風俗嬢から一斉にモルドバ共和国の民族踊りされながら熱々のあらびきソーセージを走り幅跳びしながら食べさせられ「おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるであからさまなまったりしちゃうトランポリンにも似たガーナ共和国の伝統的な踊りを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、オレは「大変だな、しかし・・・腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがベリーズのアルジェで無表情な映像しか公開されない『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫しながらかきのクールな匂いのようなヴィシソワーズを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するヴィシソワーズは観ていてあまりに美味しそうで思わず「濃厚な、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。グピィーッ!それでいて少女の肌のような。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とつぶやいてしまった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

テレビ番組 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク