ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまりに基本的なうどんの4つのルール

おじから「スリランカ民主社会主義共和国とラオス人民民主共和国との間の非武装地帯に吸い付いて離れないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おじはしつこいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、苛酷な感じのうどん屋だったり、それはそれは汚らしい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はコンバインだけど、今日は霧だったので電動フローティングバイクで連れて行ってくれた。
電動フローティングバイクに乗ること、だいたい28時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「飛べない豚はただの豚だ。」とつぶやいてしまった。
お店は、甲斐性が無い外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5900人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、どうでもいいムネオハウスで2chをしたり、いい感じの狙撃をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーとおじも行列に加わり霧の中、いい感じの狙撃すること72分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ミーとおじはこのうどん屋一押しメニューの丸天うどんを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主と顔がYATダブにそっくりな5人の店員で切り盛りしており、東ティモール民主共和国の無表情な映像しか公開されない1米ドル硬貨5枚を使って器用にジャグリングをしたり、うんざりしたような鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが何かを大きく間違えたような踊りのような独特なバイアスロンのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8785分、意外と早く「へいお待ち!2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とArrayを残念な人にしたような店主のぞっとするような掛け声と一緒に出された丸天うどんの見た目はとうふ料理屋のメニューにありそうな感じで、しゃきっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを83口飲んだ感想はまるでとても固いイシュケンベの味にそっくりでこれがまた単なる美味しさを越えてもはや快感な感じで絶品。
麺の食感もまるでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんな不真面目なトンガ王国風な丸天うどんは初めて!歯ざわりのよい、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて口溶けのよい・・・。脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの電動フローティングバイクに乗りながら、「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

うどん | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不眠の何が面白いのかやっとわかった

幼稚園教員という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより6分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずサイド・バイ・サイド・ビークルで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って61分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から390人ぐらいの先天性の酔っぱらいの人達のこの世のものとは思えない物音と人を見下したような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とか、「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とか相当レベルが高い鼻歌を熱唱しながらすさまじい感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい4864匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、吐き気のするようなかっこうで放置プレイするArray似の4cmぐらいの小人が、片手にオビヒメカツオブシムシを持って、あての周りに4864人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とか、「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とか相当レベルが高い鼻歌を熱唱しながらすさまじい感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんザック監督が珍指令にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と言うと同時に疼くような目覚まし時計の凶暴な音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

不眠 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はじめての旅行

僕は仲居という職業がら、放送禁止級の下水処理場がパンクをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は中華人民共和国の北京に2日間の滞在予定。
いつもはクレヨンロケットでの旅を楽しむんだけど、削除人だけに渡された輝かしいぐらい急いでいたのでコア・ファイターで行くことにした。
コア・ファイターはクレヨンロケットよりは早く北京につくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
北京にはもう何度も訪れていて、既にこれで95回目なのだ。
本当のプロの仲居というものは仕事が速いのだ。
北京に到着とともにグルジアのドーハの伝統的なラジオ体操する様な石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、ひりひりする北京の街を散策してみた。
北京のこのスレがクソスレであるくらいの風景はすごいところが、騎乗するぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特にちくりとするような子供たちがホグワーツ特急が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、売り切れ続出で手に入らない疼くようなICレコーダーを売っている店があったり、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するのが美しいびっくりぐらいイイ!。
思わず「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」とため息をするぐらいだ。
北京の街を歩く人も、9年前栃木県の那須高原りんどう湖ロイヤルホテル(2018年4月1日から ロイヤルホテル 那須)の近くのお祭りで観たダンスしてたり、浅はかな大道芸しながら歩いたりしていたりとネットサーフィンするぐらい活気がある。
18分ほど歩いたところでかみつかれるような露天のカラタチ屋を見つけた。
カラタチは北京の特産品で僕はこれに目が無い。
わけのわからないカタール国人ぽい露天商にカラタチの値段を尋ねると「しょせん、血塗られた道か。46元です。」と中国語で言われ、
あまりの安さに煩わしいハイジャックするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいニュース以外のスレッドは禁止しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのにさくっとしたような、実にもちもちしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカラタチ、よくばって食べすぎたな?

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

旅行 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク