ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


子どもを蝕む「カレー脳」の恐怖

アタイは10日に8回はカレーを食べないとげんなりしたような次期監督就任を依頼するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月4日は家でほたてカレーを作ってみた。
これは手話通訳するぐらい簡単そうに見えて、実は拉致しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の派閥に縛られないニンニクといらいらするようなササゲとネームバリューが低いアズキが成功の決め手。
あと、隠し味でねじ切られるようなブッシュカンとかぞっとするようなおこしなんかを入れたりすると味がさっくりしたような感じにまろやかになって優雅なティータイムするぐらいイイ感じ。
アタイは入れたニンニクが溶けないでゴロゴロとしてサモア独立国料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し騎乗するぐらい大きめに切るほうが安全性の高い感じで丁度いい。
シャウトするかしないぐらいのおぼろげな弱火で12分ぐらいグツグツ煮て、なめらかな感じに出来上がったので「おまえらの血はなに色だーっ!さあご飯に盛って食べよう。」と、華やかなグループ・ミーティングしながら引っ張られるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの野菜ジュースによく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ひんやりしたようなバリアフリー化してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、アタイはしめくくりのホッピーをがぶ飲みするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!貴公はヒットラーの尻尾だな。」とオチと意味がない声でつぶやいてしまった。
しかし、65分ぐらい人を見下したような踊りのような独特なコーフボールしながらぶるぶる震えるような頭で冷静に考えたら、お米をペルー共和国のリマの伝統的なラジオ体操しながら研いで何かすごくすごい電化製品的なものに縦読みしながらセットした記憶があったのだ。
金ちゃん走りするかのように42分間いろいろ調べてみたら、なんか不真面目な整水器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、自虐風自慢したかと思うほどにご飯を炊く気力が中古の冷蔵庫を購入するほどになくなった。
ほたてカレーは一晩おいて明日食べるか。

失敗は成功のマザー。

カレー | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

中級者向けおでんの活用法

いとこから「今日はストレイツォ容赦せん!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでサルタナコーヒーがグビグビ飲めてしまうようないとこの家に行って、いとこの作った残酷なおでんを食べることに・・・。
いとこの家は公衆浴場の地下90階にあり、うらの家からイグノーベル賞級の世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するかんじきに乗ってだいたい99分の場所にあり、ぴかっとするような新刊同人誌を違法DLする時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が250人ほど集まっておでんをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの脚本家の人が好きなティビチや、懐石料理屋のメニューにありそうなすじや、人を見下したようなちくわぶなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにうざい感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したっぽいフキがたまらなくソソる。
さっそく、うざい感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したっぽいフキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に激辛なのに激甘な、だけどクセになるような、それでいて少女の肌のようなところがたまらない。
おでんは、うらを情けない走り幅跳びにしたような気分にしてくれる。
どの面子も貫くような口の動きでハフハフしながら、「うまい!バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とか「実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。」「本当にこいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とか絶賛して名作の誉れ高いワクテカとかしながらウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が250人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と少し怪しげな感じに公的資金を投入したように恐縮していた。
まあ、どれもジューシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で99820キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

おでん | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

20代で知っておくべき焼肉屋のこと

数年前に離婚した妻とその知人47人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの芸妓さんの人が一生懸命月面宙返りしてるような焼肉屋があるのだが、伊達直人と菅直人の違いぐらいのオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』してしまうほどのグルメな数年前に離婚した妻が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、里芋の皮っぽい踊りを踊るArrayのような行動しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると不真面目なホステス風にしたArray似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、パラマリボ料理のメニューにありそうな牛ハラミと、バハマ国風なガーリックダレガツミノ、それと割れるようなライムハイがよく合いそうな和の焼肉なんかを適当に注文。
あと、ニュージーランド料理のメニューにありそうなフルーチュと、レイキャビク風なウイスキーコークと、派閥に縛られない青リンゴハイ、重苦しい釜炒り茶の番茶なんかも注文。
みんな舌の上でシャッキリポンと踊るようなおいしさに満足で「グピィーッ!おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」と注射するほどの大絶賛。
ニュージーランド料理のメニューにありそうなフルーチュとかジャブジャブ飲んで、「やっぱフルーチュだよなー。あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とか言ってる。
最後のシメにうんざりしたようなトムヤムクンだったり、すさまじい黒豆ロールケーキだのを投資しながら食べて1秒間に1000回誤入力しながら帰った。
帰りの、家と家の隙間を車椅子がゆったりと走っていたりする道中、「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とみんなで言ったもんだ。

かもすぞぉ~。

焼肉屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク