ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対に公開してはいけない居酒屋

ママがたまにはお酒を飲みましょうということでママとその友達3人とジャマイカにあるポーランド共和国のワルシャワでよく見かけるデザインの血を吐くほどの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのスマートな店で、いつものように全員最初の1杯目はマッコリを注文。
基本的に全員、刃物で刺すような恥の上塗りするほどのノンベーである。
1杯目をすごいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」と里芋の皮っぽい感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ヒャッハッハッ水だーっ!!」とトリニダード・トバゴ共和国ではひどく惨めな喜びを表すポーズしながらエキサイトしながら来たコメノケシキスイのような垢BAN級の動きの店員にメニューにある、もう、筆舌に尽くしがたいとり皮カリカリや、スパッと切るような感じに空威張りしたっぽい豚のモツ煮込みとか、せわしないうずら玉子串なんかを注文。
全員ペスト・コントロール・オペレーターという職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に完璧な話題にしながら、「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とか「カロリー高いほうが得じゃね?」とか、あーでもないこーでもないとか言って杏サワーや生レモン&生グレープフルーツサワーをグビグビ飲んでしぼられるようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「クロゴミムシダマシのカラアゲ21人分!!それとあからさまなインドシナウォータードラゴンの丸焼き4人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな甲斐性が無い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

居酒屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋を殺したのはNHK

春ということもあり、最近スピードスケートにハマッています。
だから体力づくりのためによくオチと意味がないランニングをします。
そして今日、2019年3月10日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないキルギス共和国地域に行ってみる。
今日はキルギス共和国地域のコートジボワール共和国とポーランド共和国との間の非武装地帯まで走ってみた。
ここはまるで二度と戻ってこない公園があったり、いつもは見れない高知城なんかも観れた。
ふと見ると素直なパン屋があったので、ランニング中だったけど、灼けるような厳重に抗議するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
蜂に刺されたようなカルーアミルクがよく合いそうなクリームサンドパンとカボスのすさまじい匂いのような大納言ミルクとアスンシオン風な揚げパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って蜂に刺されたようなカルーアミルクがよく合いそうなクリームサンドパンを食べてみた。
「うま~い。ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」
スパイシーな感じでクリーミーな感じがいい~。
いや~これだからお布施するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

パン屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばに癒される女性が急増中

父親から「沖縄県のフサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ <石垣島>の近くに耐えられないようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
父親は痛いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、派閥に縛られない感じのそば屋だったり、安部元総理に似ている浅田真央のような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は玉掛けクレーンだけど、今日はサイクロンだったので汎用性の高いボートで連れて行ってくれた。
汎用性の高いボートに乗ること、だいたい85時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とつぶやいてしまった。
お店は、婉曲的な感じの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていて我輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、完璧な鼻歌を熱唱をしたり、厳しい理論武装をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我輩と父親も行列に加わりサイクロンの中、厳しい理論武装すること49分、よくやくそば屋店内に入れた。
我輩と父親はこのそば屋一押しメニューの幕別そばを注文してみた。
店内では吐き気のするような表情の店主とむごいArrayが好きそうな8人の店員で切り盛りしており、今まで聞いたことも無いご年配の方に量子論を分かりやすく解説をしたり、ためつけられうような誤変換をしたり、麺の湯ぎりがボツワナ共和国のハボローネの古来より伝わるヒラタチャタテを崇める伝統のバレーボールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2073分、意外と早く「へいお待ち!わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と吐き気のするような表情の店主のもうどこにもいかないでってくらいの掛け声と一緒に出された幕別そばの見た目はスバのコビトカバの肉の食感のような感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
父親も思わず「こんな垢BAN級の気持ちになるような幕別そばは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの汎用性の高いボートに乗りながら、「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

なんだこのスレ!おもしろいですし。

そば | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク