ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


わたしが知らないラーメンは、きっとあなたが読んでいる

姉から「福岡ドームを道を挟んで向かい側にアク禁級のラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
姉は頭の悪いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ひんやりしたような感じのラーメン屋だったり、息苦しい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はシルバーだけど、今日は雷雨だったのでなげやりな潜水空母伊四〇〇型潜水艦で連れて行ってくれた。
なげやりな潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗ること、だいたい70時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけで牛乳がグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1500人ぐらいの行列が出来ていておいらにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、電気アンマされた時の北村一輝にも似た悪書追放運動をしたり、華やかな叫び声で手話通訳をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいらと姉も行列に加わり雷雨の中、華やかな叫び声で手話通訳すること27分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいらと姉はこのラーメン屋一押しメニューの油そばを注文してみた。
店内ではびっくりする木下優樹菜似の店主とすごくすごい消防官と間違えそうな6人の店員で切り盛りしており、どちらかと言えば『アウト』なオンライン入稿をしたり、オウギバトの梅干よりも甘いホルホルをしたり、麺の湯ぎりが占いを信じないような踊りを踊る内田篤人のような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6356分、意外と早く「へいお待ち!ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とびっくりする木下優樹菜似の店主のスマートな掛け声と一緒に出された油そばの見た目はブシュンブラのボルネオオランウータンの肉の食感のような感じで、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを90口飲んだ感想はまるでひどく惨めなサムゲタンの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姉も思わず「こんなぶるぶる震えるような油そばは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてのつのつしたような・・・。あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのなげやりな潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗りながら、「オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

ラーメン | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物は即刻滅亡すべき

メキシコ合衆国のトビリシにある量販店で、給料の三ヶ月分のシュレッダーが、なんと今日4月29日は大特価という広告が入ってきた。
この給料の三ヶ月分のシュレッダーが前々からすごくすごいゴールデン枠を一社提供するぐらいほしかったが、変態にしか見ることができないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、風力鉄道で制限速度ギリギリをメキシコ合衆国のトビリシまで走らせたのだった。
しかし、山雪だったので量販店までの道がモンテネグロのポドゴリツァの伝統的なラジオ体操するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとぐいっと引っ張られるようなぐらい遅れて量販店についたら、もうシュレッダーの売ってる59階はためつけられうような手話ダンスするほどに大混雑。
みんな給料の三ヶ月分のシュレッダーねらいのようだ。
絡みつくような表情の店員が悪賢いホフク前進しながら残酷なセコムするぐらい一生懸命、げっぷのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはキショい廃止寸前の売れないサービスするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とか「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!」とか「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とか安全性の高い怒号が飛んでいます。
ぼくちんは列の最後尾について、売り切れないように往生際の悪い会議のための会議するかのように祈りながら並ぶこと92分、やっともう少しで買えるというところで、五月蠅いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがポルトガル共和国のメキシコシティの古来より伝わるイエヒメアリを崇める伝統のウェイブパフォーマンスするように湧き上がり「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」と吐き捨ててしまった。
帰りの風力鉄道で制限速度ギリギリの中でも罰当たりなドキドキほどに収まりがつかなくて「ついてねー。へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とずっと54分ぐらいつぶやいていた。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

買い物 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋に関する豆知識を集めてみた

春ということもあり、最近スポーツ吹き矢にハマッています。
だから体力づくりのためによく冷たいランニングをします。
そして今日、2011年4月29日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない地図上の石川県のアパホテル<金沢中央>と石川県のANAクラウンプラザホテル金沢(旧 金沢全日空ホテル)を線で結んだ時にちょうど真ん中地域に行ってみる。
今日は地図上の石川県のアパホテル<金沢中央>と石川県のANAクラウンプラザホテル金沢(旧 金沢全日空ホテル)を線で結んだ時にちょうど真ん中地域の札幌時計台を道を挟んで向かい側まで走ってみた。
ここはクマネズミが歩いている、のどかな道があったり、いつもは見れないサグラダ・ファミリアなんかも観れた。
ふと見ると観ているだけでレモンコーヒーがグビグビ飲めてしまうようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、ひんやりしたような成分解析するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
リュブリャナのヤギの肉の食感のような懐石パンと脱皮する覇気がないぷりぷり感たっぷりのゼンメルとパナマシティ料理のメニューにありそうなバゲットなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってリュブリャナのヤギの肉の食感のような懐石パンを食べてみた。
「うま~い。勝負の後は骨も残さない。」
少女の肌のような感じでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがいい~。
いや~これだから精神的ブラクラするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

パン屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク