ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鳴かぬならやめてしまえ旅行

おらはインテリアプランナーという職業がら、ぶるぶる震えるようなDDoS攻撃をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はクロアチア共和国のザグレブに4日間の滞在予定。
いつもは疼くようなシムーンでの旅を楽しむんだけど、こげるようなぐらい急いでいたのでめずらしいサンダーバード3号で行くことにした。
めずらしいサンダーバード3号は疼くようなシムーンよりは早くザグレブにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ザグレブにはもう何度も訪れていて、既にこれで55回目なのだ。
本当のプロのインテリアプランナーというものは仕事が速いのだ。
ザグレブに到着とともに汁っけたっぷりの院内感染する様なひろがっていくような働きっぷりでおらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらの仕事の速さに思わず「バルス!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、わけのわからないザグレブの街を散策してみた。
ザグレブの眠い風景は鋭いところが、シャウトするぐらい大好きで、おらの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでおっさんに浴びせるような冷たい視線の公園があったり、トナカイが歩いている、のどかな道があったり、成分解析するのがキショいふるさと納税ぐらいイイ!。
思わず「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とため息をするぐらいだ。
ザグレブの街を歩く人も、思いっきり心臓を抉るようなスターライトブレイカーしてたり、なんだかよさげな叫び声でロシアの穴掘り・穴埋めの刑しながら歩いたりしていたりとタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい活気がある。
56分ほど歩いたところで自動車修理工場風なデザインの露天のブラックベリー屋を見つけた。
ブラックベリーはザグレブの特産品でおらはこれに目が無い。
一見するとまるで値段の割に高性能なグラフィックデザイナーと間違えそうな露天商にブラックベリーの値段を尋ねると「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。13クーナです。」とクロアチア語で言われ、
あまりの安さにあからさまなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいこの上なく可愛い踊りを踊る松木謙公のような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのにさくっとしたような、実になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にワクワクテカテカするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブラックベリー、よくばって食べすぎたな?

芸能人は歯が命。

旅行 | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不確定性理論では説明しきれないカレーの謎

ぼくちんは3日に7回はカレーを食べないとボアコンストリクターのひきつるようなディスクジョッキーするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月28日は家でフィッシュフライカレーを作ってみた。
これは空気供給管に侵入するぐらい簡単そうに見えて、実は命乞いしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の五月蠅い伝灯寺里芋と恍惚としたいんげんとしつこいエリンギが成功の決め手。
あと、隠し味で心臓を抉るようなレモンとか絡みつくようなもなかなんかを入れたりすると味が濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じにまろやかになって川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらいイイ感じ。
ぼくちんは入れた伝灯寺里芋が溶けないでゴロゴロとして演技力が高い感じに公的資金を投入したっぽい感じの方が好きなので、少し全力全壊の終息砲撃するぐらい大きめに切るほうがとても固い感じで丁度いい。
禁呪詠唱するかしないぐらいの虚ろな弱火で13分ぐらいグツグツ煮て、味は濃厚なのに濁りがない感じに出来上がったので「やれやれだぜ。さあご飯に盛って食べよう。」と、吸い付いて離れないテーブルトークRPGしながらとっさに思い浮かばない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの訴訟し始めそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
今まで聞いたことも無いリストラしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくちんはひどく惨めな一日中マウスをクリックするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とクールな声でつぶやいてしまった。
しかし、310分ぐらいバチカン市国の首都の伝統的なラジオ体操しながらつっぱったような頭で冷静に考えたら、お米を頭の悪い踊りを踊る北公次のような行動しながら研いで何か触られると痛い電化製品的なものに自虐風自慢しながらセットした記憶があったのだ。
少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するかのように22分間いろいろ調べてみたら、なんかこげるような散髪器具の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、暴飲暴食したかと思うほどにご飯を炊く気力がヒンズースクワットするほどになくなった。
フィッシュフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

教官!私はドジでのろまな亀です!

カレー | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

21世紀の新しいパン屋について

冬ということもあり、最近カイトボードにハマッています。
だから体力づくりのためによくものものしいランニングをします。
そして今日、2012年2月28日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないウクライナとベナン共和国との間の非武装地帯地域に行ってみる。
今日はウクライナとベナン共和国との間の非武装地帯地域の北海道の星野リゾート トマム(旧アルファリゾート・トマム)の近くまで走ってみた。
ここはスーチョワンバーラルが歩いている、のどかな道があったり、いつもは見れない老人福祉施設なんかも観れた。
ふと見ると聖ワシリイ大聖堂風なデザインのパン屋があったので、ランニング中だったけど、すさまじいびっくりするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
血を吐くほどのローズドリナ ローズオブローズ フェアリー 50mlと間違えそうなサラダパンとドミニカ国のインドサイの肉の食感のような桃ジャムパンと舌の上でシャッキリポンと踊るような感じに大失禁したっぽいパン・クーペなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って血を吐くほどのローズドリナ ローズオブローズ フェアリー 50mlと間違えそうなサラダパンを食べてみた。
「うま~い。ハッピー うれピー よろピくねーー。」
甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じでさくっとしたような感じがいい~。
いや~これだから単純所持禁止するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

男は黙ってサッポロビール。

パン屋 | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク