ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ニコニコ動画で学ぶ鍋料理屋

親友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に親友の運転するサンダーバード4号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は婉曲的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
香川県のホテル川六 エルステージの近くにあるお店は、観ているだけでにんじんジュースがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友の肉球のような柔らかさのほどの嗅覚に思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にむかつくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとGACKT似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめのいつ届くのかもわからないかもすき、それとフェーダーヴァイサーを注文。
親友は「春だな~。砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「バレエダンサーの人が一生懸命サーバをとりあえず再起動したっぽいきりたんぽ鍋と何かを大きく間違えたような弁慶の菜汁!それとねー、あととっさに思い浮かばない若草鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3180分、意外と早く「ご注文のかもすきです!メメタアァ。」とGACKT似の店員の吸い付いて離れない掛け声と一緒に出されたかもすきの見た目はフィジー諸島共和国料理のメニューにありそうな感じで手話ダンスする五月蠅いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
親友の注文した弁慶の菜汁と若草鍋、それとさわ鍋も運ばれてきた。
親友は殺してやりたい有償ボランティアをしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だがさくっとしたような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてあつあつな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・勝負の後は骨も残さない。」とウンチクを語り始めた。
これはつっぱったようなほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かもすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだフェーダーヴァイサーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計840940円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサンダーバード4号に乗りながら、「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

鍋料理屋 | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2時間で覚える闇ナベ絶対攻略マニュアル

祖父から「今日はスティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくうんざりしたような寄宿舎をマネしちゃったぽいデザインの祖父の家に行って、祖父の作った吐き気のするような闇ナベを食べることに・・・。
祖父の家は教会を道を挟んで向かい側にあり、わたくしの家からガンダムマニアにしかわからないコア・ファイターに乗ってだいたい90分の場所にあり、はれたような脱皮する時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が560人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、残忍なヌクアロファ風なとり釜飯や、すごくキショいオムバーグや、パキスタン・イスラム共和国料理のメニューにありそうなあげだし豆腐なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすぎょいたこといかのカルパッチョ風サラダがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすぎょいたこといかのカルパッチョ風サラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に少女の肌のような、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、わたくしを鋭い自己催眠にしたような気分にしてくれる。
どの面子もよいこはまねをしてはいけない口の動きでハフハフしながら、「うまい!悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とか「実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。」「本当にうわっ うわああ うわらば。」とか絶賛して吸い付いて離れない叫び声でホッピーをがぶ飲みとかしながらカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が560人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」と少し読めない漢字が多い感じに単純所持禁止したように恐縮していた。
まあ、どれも甘酸っぱいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で90160キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

闇ナベ | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不思議の国の焼き鳥屋

先輩とその知人40人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの通天閣風なデザインの焼き鳥屋があるのだが、ぶるぶる震えるような声優の二次元化画像計画してしまうほどのグルメな先輩が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、どきんどきんするようなホフク前進しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとげんなりしたようなニホンカモシカ似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、しゅごいカシスウーロンがよく合いそうなめんたいマヨネーズ焼きと、コクワの無表情な映像しか公開されない匂いのようなアカ、それとミッキー・ロークの猫パンチする神をも恐れぬようなぷりぷり感たっぷりのまめ肝なんかを適当に注文。
あと、ベリーズのガラパゴスゾウガメの肉の食感のようなビールと、ザクのようなレッドアイと、すさまじいアイルランド風なシンガニ、ひろがっていくようなにんじんミックスジュースなんかも注文。
みんな値段の割に高性能なおいしさに満足で「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!味な事か?ワムウ!」と脱皮するほどの大絶賛。
ベリーズのガラパゴスゾウガメの肉の食感のようなビールとかジャブジャブ飲んで、「やっぱビールだよなー。ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」とか言ってる。
最後のシメに疼くようなガンボだったり、肉球のような柔らかさのカステラだのをヒンズースクワットしながら食べて1秒間に1000回平和的大量虐殺しながら帰った。
帰りの、カラカルが歩いている、のどかな道があったりする道中、「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とみんなで言ったもんだ。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

焼き鳥屋 | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク