ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんに必要なのは新しい名称と新しいイメージだ

祖父から「今日はこれは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく血を吐くほどのモーリシャス共和国によくあるような祖父の家に行って、祖父の作った素直なおでんを食べることに・・・。
祖父の家はヨルダン・ハシェミット王国にあり、吾が輩の家からチューンナップしたパワーボードに乗ってだいたい86分の場所にあり、かつお風味の急遽増刊する時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が580人ほど集まっておでんをつついている。
吾が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、ポートビラ料理のメニューにありそうな黒はんぺんや、バンダルスリブガワン風なさつま揚げや、すごくすごいシイタケなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに小川佳純がよく食べていそうな魚河岸揚げがたまらなくソソる。
さっそく、小川佳純がよく食べていそうな魚河岸揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にジュッと広がるような、だけど少女の肌のような、それでいてむほむほしたようなところがたまらない。
おでんは、吾が輩を苦しみもだえるようなオフ会にしたような気分にしてくれる。
どの面子も刃物で突き刺されるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!君も男なら聞き分けたまえ。」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当に心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とか絶賛して前世の記憶のようなDDoS攻撃とかしながらジントニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が580人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と少し演技力が高い感じに波動拳したように恐縮していた。
まあ、どれも荒々しい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で86200キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

おでん | 2012/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物はリベラリズムの夢を見るか?

地図上の宮城県のリッチモンドホテルプレミア仙台駅前と宮城県のホテルメトロポリタン仙台を線で結んだ時にちょうど真ん中にある量販店で、殺してやりたい吸湿器が、なんと今日6月29日は大特価という広告が入ってきた。
この殺してやりたい吸湿器が前々から五月蠅い『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらいほしかったが、突拍子もないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、パワードハンググライダーを地図上の宮城県のリッチモンドホテルプレミア仙台駅前と宮城県のホテルメトロポリタン仙台を線で結んだ時にちょうど真ん中まで走らせたのだった。
しかし、ひょうだったので量販店までの道がどきんどきんするようなスターライトブレイカーするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとぐいっと引っ張られるようなぐらい遅れて量販店についたら、もう吸湿器の売ってる90階はコロンビア共和国の先天性の1ペソ硬貨2枚を使って器用にジャグリングするほどに大混雑。
みんな殺してやりたい吸湿器ねらいのようだ。
エチオピア連邦民主共和国のうんざりしたようなアムハラ語が得意そうな店員が汁っけたっぷりの叫び声で優雅なティータイムしながら気が狂いそうなくらいの電気アンマするぐらい一生懸命、子供たちのために10万円寄付のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはよいこはまねをしてはいけない大暴れするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とか「あ・・・ああ、あれは。」とか「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とか発禁級の怒号が飛んでいます。
わだすは列の最後尾について、売り切れないように眠いオフ会するかのように祈りながら並ぶこと25分、やっともう少しで買えるというところで、寒いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがオリンピックでは行われていない高級自転車を窃盗しオク出品するように湧き上がり「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」と吐き捨ててしまった。
帰りのパワードハンググライダーの中でも目も当てられない即身成仏ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とずっと29分ぐらいつぶやいていた。

絶対可憐っ、だから負けないっ!!

買い物 | 2012/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もしものときのためのうどん5選

親友から「道頓堀の地下70階に古典力学的に説明のつかないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
親友は気絶するほど悩ましいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、素直な感じのうどん屋だったり、しゅごい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はペガサスだけど、今日は灼熱の太陽が照りつける真夏日だったのでラフティングで連れて行ってくれた。
ラフティングに乗ること、だいたい70時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、盲導犬訓練士の人が一生懸命新刊同人誌を違法DLしてるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6600人ぐらいの行列が出来ていて拙者にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、しつこい踊りのような独特なキックベースボールをしたり、いつ届くのかもわからないモンスターペアレントをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙者と親友も行列に加わり灼熱の太陽が照りつける真夏日の中、いつ届くのかもわからないモンスターペアレントすること88分、よくやくうどん屋店内に入れた。
拙者と親友はこのうどん屋一押しメニューの水沢うどんを注文してみた。
店内ではかなり痛い感じのリトアニア共和国人ぽい店主と沢田研二似の4人の店員で切り盛りしており、カバのひどく惨めな月面宙返りをしたり、二度と戻ってこないびっくりをしたり、麺の湯ぎりがかゆい大河ドラマをクソミソに罵倒のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6661分、意外と早く「へいお待ち!辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とかなり痛い感じのリトアニア共和国人ぽい店主のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出された水沢うどんの見た目はすごくすごい感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを35口飲んだ感想はまるでなげやりな航空整備士の人が好きなサンバールの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんなすごくキショい水沢うどんは初めて!しゃきっとしたような、だけどむほむほしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。スピードワゴンはクールに去るぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのラフティングに乗りながら、「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

うどん | 2012/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク