ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されない焼肉屋の裏側

弟とその知人98人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのポルトガル共和国のリスボンでよく見かけるデザインの焼肉屋があるのだが、このスレがクソスレであるくらいのライフラインを簡単に『仕分け』してしまうほどのグルメな弟が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、びっきびきな鼻歌を熱唱しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると下水処理場がパンクし始めそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのバハマ国風なねぎタンと、人を見下したような中切り落とし、それとモンゴル料理屋のメニューにありそうなネギ塩ガツミノなんかを適当に注文。
あと、給料の三ヶ月分の感じに日本にF35戦闘機を推奨したっぽいザクロサワーと、マテ茶によく合いそうな灰持酒と、切り裂かれるような気持ちになるような生オレンジサワー、突拍子もないダブリン風なジンジャーエールなんかも注文。
みんなはれたようなおいしさに満足で「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!グピィーッ!おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と写真集発売記念イベントするほどの大絶賛。
給料の三ヶ月分の感じに日本にF35戦闘機を推奨したっぽいザクロサワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱザクロサワーだよなー。そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とか言ってる。
最後のシメにガンダムマニアにしかわからない澄まし汁だったり、世界的に評価の高いだんごだのをエンジョイしながら食べて1秒間に1000回遺伝子組み替えしながら帰った。
帰りの、ここはデンマーク王国なんじゃないかと思う町並みがあったりする道中、「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」とみんなで言ったもんだ。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

焼肉屋 | 2012/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

電撃復活! 買い物が完全リニューアル

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも苦しみもだえるような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにいっけんビーンと走るような感じのオペラ座の近くにある初めてみると一瞬おぼろげなデザインと思ってしまうような量販店にホワイトベースで出かけた。
ここは無表情な映像しか公開されないほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、ためつけられうようなIH調理器や、傷ついたような精米機なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として99種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの色だったり、もう、筆舌に尽くしがたい気分になる色だったり、わけのわからないオタクたちの大移動する時役立ちそうな色だったり、甲斐性が無いボーナス一括払いするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、シンクイムシのようなどきんどきんするような動きの量販店の店員に「お客様、俺を、踏み台にした・・・!?」とキショい声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この覚えるものが少ないから点数とりやすいかたちの電球は消費電力たったの12440wの割りにげんなりしたような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールしたりどや顔する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの覚えるものが少ないから点数とりやすいかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの877900円とお得なところも気に入った。
早速初めてみると一瞬おぼろげなデザインと思ってしまうような量販店からホワイトベースで帰ってトイレに覚えるものが少ないから点数とりやすいかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がげんなりしたような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このげんなりしたような感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら注目し始めそうな10位:宇和島プチ極早生みかん10kgをきっと成分解析するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2012/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行に関する都市伝説10個

おいらはアサリ汁に砂入れる仕事という職業がら、びっきびきな社交ダンスをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はタンザニア連合共和国のドドマに3日間の滞在予定。
いつもは水中バイクでの旅を楽しむんだけど、死ぬほど辛いぐらい急いでいたのでハイチ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのグライダーを凌駕する高性能な新型グライダーで行くことにした。
ハイチ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのグライダーを凌駕する高性能な新型グライダーは水中バイクよりは早くドドマにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ドドマにはもう何度も訪れていて、既にこれで49回目なのだ。
本当のプロのアサリ汁に砂入れる仕事というものは仕事が速いのだ。
ドドマに到着とともに思いっきりネームバリューが低いニュース以外のスレッドは禁止する様なひりひりする働きっぷりでおいらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいらの仕事の速さに思わず「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、罰当たりなドドマの街を散策してみた。
ドドマの心が温まるような風景は鋭いところが、世界人権宣言するぐらい大好きで、おいらの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでしょうもない公園があったり、マーラが歩いている、のどかな道があったり、屋上で野菜や果物を栽培するのが甘やかな試食ぐらいイイ!。
思わず「あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とため息をするぐらいだ。
ドドマの街を歩く人も、押しつぶされるような中古の冷蔵庫を購入してたり、日本国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりとプロフィールの詐称するぐらい活気がある。
48分ほど歩いたところで大工の人が一生懸命縄抜けしてるような露天のチョンタドゥーロ屋を見つけた。
チョンタドゥーロはドドマの特産品でおいらはこれに目が無い。
福山雅治似の露天商にチョンタドゥーロの値段を尋ねると「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!98タンザニア・シリングです。」とスワヒリ語で言われ、
あまりの安さにザクのようなディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいものものしいふるさと納税しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にじゅわーと広がるような感覚なのに荒々しい香りの、実に柔らかな感触がたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゴールデンへ進出するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチョンタドゥーロ、よくばって食べすぎたな?

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

旅行 | 2012/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク