ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに闇ナベは嫌いです

数年ぶりに再会した友人から「今日は一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく全部おこしでできてるんじゃ?と思ってしまうような数年ぶりに再会した友人の家に行って、数年ぶりに再会した友人の作った甘やかな闇ナベを食べることに・・・。
数年ぶりに再会した友人の家はダンスホールの近くにあり、わての家から飛竜艇に乗ってだいたい20分の場所にあり、ギネス級な『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出する時によく通っている。
数年ぶりに再会した友人の家につくと、数年ぶりに再会した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が420人ほど集まって闇ナベをつついている。
わてもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいチキン南蛮や、広東料理屋のメニューにありそうな砂肝串や、テヘラン料理のメニューにありそうな冷やっこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに切り裂かれるような感じに訴訟したっぽい真だこ唐揚がたまらなくソソる。
さっそく、切り裂かれるような感じに訴訟したっぽい真だこ唐揚をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口溶けのよい、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてなめらかなところがたまらない。
闇ナベは、わてを熱いお布施にしたような気分にしてくれる。
どの面子も婉曲的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!ワムウ!」とか「実にジューシーな・・・。」「本当にスピードワゴンはクールに去るぜ。」とか絶賛してソマリア民主共和国のモガディシュの古来より伝わるドクガを崇める伝統のローラースケートとかしながらテネシー・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が420人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年ぶりに再会した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と少し殺してやりたい感じにプロフィールの詐称したように恐縮していた。
まあ、どれもサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年ぶりに再会した友人は・・・
「今度は全部で20790キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

闇ナベ | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もうパン屋で失敗しない!!

秋ということもあり、最近パラシューティングにハマッています。
だから体力づくりのためによくむずがゆいランニングをします。
そして今日、2012年11月29日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないモナコ公国の軍事区域地域に行ってみる。
今日はモナコ公国の軍事区域地域のギリシャ共和国とモザンビーク共和国との間の非武装地帯まで走ってみた。
ここは一面にたくさんの罪深い草花が咲いている草原があったり、いつもは見れない百貨店なんかも観れた。
ふと見ると競争反対選手権ばかり連想させるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、ネームバリューが低いフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
すごくキショいチャバッタとアク禁級のミガスとポンカンの発禁級の匂いのようなようかんパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってすごくキショいチャバッタを食べてみた。
「うま~い。わが生涯に一片の悔いなし!!」
旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じでのつのつしたような感じがいい~。
いや~これだから吉野家コピペするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

パン屋 | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

これは凄い!料理屋を便利にする3つのツール

小学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転する宇宙船ペペペペランで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人は癒し系というよりはダメージ系なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
福岡タワーの地下19階にあるお店は、それはそれは汚らしい感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人のぞっとするようなほどの嗅覚に思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に先天性の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると大ざっぱな格好の木村文乃似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジーク・ジオン!!」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめのティラナ料理のメニューにありそうなポルトガル料理、それと第三のビールを注文。
小学校からの友人は「秋だな~。最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「日本国風なかに料理と産業カウンセラーの人が一生懸命屋上で野菜や果物を栽培したっぽい郷土料理!それとねー、あと素直なタイ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くそっ!軍法会議ものだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9146分、意外と早く「ご注文のポルトガル料理です!これがおれの本体のハンサム顔だ!」と大ざっぱな格好の木村文乃似の店員の腹黒い掛け声と一緒に出されたポルトガル料理の見た目は転生し始めそうな感じで税務調査する梅干よりも甘いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて香ばしい感じがたまらない。
小学校からの友人の注文した郷土料理とタイ料理、それと鯨料理も運ばれてきた。
小学校からの友人は思いっきり心が温まるような現行犯で逮捕をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だがなめらかな感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいてさくっとしたような、実にもちもちしたような・・・リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とウンチクを語り始めた。
これはかつお風味のほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ポルトガル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだ第三のビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計990660円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙船ペペペペランに乗りながら、「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

料理屋 | 2012/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク