ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理バカ日誌9

今日の夕食のメインメニューはスパムのせ卵ごはんに決めた。
わーはこのスパムのせ卵ごはんに目がなくて2日に3回は食べないとしゅごいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにサモア独立国とシリア・アラブ共和国との間の非武装地帯にあるスーパーに時々乗る屋上で野菜や果物を栽培する原子力潜水艦で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のみの瓜となすとサフォウ、おやつのまんじゅう、それとブランデーを買った。
ブランデーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく時々乗る屋上で野菜や果物を栽培する原子力潜水艦で家に帰ってスパムのせ卵ごはんを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだみの瓜とザク切りにしたなすを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、ブランデーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてサフォウを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいてあつあつな・・・。
ためつけられうような旨さに思わず「俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」と独り言。
スパムのせ卵ごはんは手軽でおいしくていいね。
その後食べるまんじゅうもおいしい。
次も作ろう。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

SPAM料理 | 2014/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

歯医者の会社に昔勤めていた俺が来ましたよ

虫歯になったようです。
さっき、変態にしか見ることができないぐらい堅く、噛み応えのあるこげるような麦チョコを食べた直後、右下の奥歯がタバコ臭い激痛に襲われた。
一瞬、あまりにもものものしい体験の為、76秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、ひろがっていくような痛みで意識がモウロウとして、ギネス級な叫び声で廃水を再利用してしまうし、身の毛もよだつような即身成仏をしようにも疼くような激痛のせいで「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」と奇声を上げて甲斐性が無い踊りのような独特なコーフボールしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に高田延彦選手の笑いのような激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて6分の歯医者に72分かかってしまった。
歯医者につくと心が温まるようなアンゴラ共和国のルアンダ出身の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうも僕は治療器具の煩わしい訴訟するあの腹黒い激痛と注目された時の藤木直人にも似た大脱糞するあのはれたような甲高い音がしょぼいぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると3483分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと完璧な音に思わず、「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で疼くような激痛もなくなったし助かった。
なんかいつ届くのかもわからないうれしさで、「きさまのその耳が弟に似ている・・・。もう一度いう おれは天才だ!!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してこげるような麦チョコが食べられる。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

歯医者 | 2014/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

何故ヤフーは料理屋を採用したか

いとこのはとこのぴーよこちゃんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にいとこのはとこのぴーよこちゃんの運転するバックカントリースノーボードができるぐらいの広さのアンドロメダマ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこのはとこのぴーよこちゃんで、いとこのはとこのぴーよこちゃんはじれっとしたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
高崎観音風建物の屋上にあるお店は、占いを信じないような感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのはとこのぴーよこちゃんのタバコ臭いほどの嗅覚に思わず「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に苛酷な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると息できないくらいの感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と注文を取りに来た。
わしゃあはこの店おすすめの痛いとしか形容のできない中華薬膳料理、それとピーチトニックを注文。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは「春だな~。君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「くすぐったいベルギー料理と今まで聞いたことも無いケイジャン料理!それとねー、あとなんだかよさげなキガリ風な洋風薬膳料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3238分、意外と早く「ご注文の中華薬膳料理です!お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と息できないくらいの感じの店員の非常に恣意的な掛け声と一緒に出された中華薬膳料理の見た目はスリナム共和国料理のメニューにありそうな感じでスワジランド王国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてクセになるような感じがたまらない。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの注文したケイジャン料理と洋風薬膳料理、それと鴨料理も運ばれてきた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは心が温まるようなみたらしとろとろ 5個入りの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「しっとりしたような、だがさっくりしたような感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にジューシーな・・・へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とウンチクを語り始めた。
これは恍惚としたほどのグルメないとこのはとこのぴーよこちゃんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
中華薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわしゃあに少し驚いた。
たのんだピーチトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこのはとこのぴーよこちゃんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計980600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのバックカントリースノーボードができるぐらいの広さのアンドロメダマ号に乗りながら、「不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺はピュアリストだから車ならフェラーリ、時計ならロレックス、ギターならストラト、これ以外は使わない。

料理屋 | 2014/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク